• アラサー美容、救命作戦

驚異の40歳! 石井美保の美肌は、意外にも"あのドラックストア化粧水"で作られていた

2017.05.16

年齢を重ねるとだんだんと気になり出すのが、肌の乾燥やたるみ。乾燥などで肌が調子を崩しやすいこの季節こそ、悩みの種になっている人も多いはず。
そこで、透けるように白く、潤った美肌の持ち主、美容家の石井美保さんにツヤ肌の秘訣を聞いた。

40歳にしてこの美肌!高い化粧水に頼るのではなく、まず土台を作る

石井さんInstagramより

石井美保さんのアラフォーには思えない美肌は多くの女性たちからも注目されている。キメが整った美肌は、とても40歳には見えない美しさ。石井さんいわく、アイテムに頼るのではなく、肌の基礎力をあげるのが大切だという。

「肌の土台ができていないと高いコスメを使っても意味がありません。角質を洗顔でとって、しっかり潤してから出ないと、いい美容液もちゃんと効かない。そういう肌の土台ができている人があんまりいないんですよね」

コメント: 編集部取材

15年間ずっと使っている化粧水は「豆乳イソフラボン」

そんな美肌の持ち主、石井さんが愛用しているアイテムは、意外にもプチプラアイテム。それが、豆乳イソフラボンで知られる なめらか本舗の「しっとり化粧水 NA」972円。

出典: ライター私物

豆乳イソフラボンを含めた豆乳発酵液がぎゅっと詰まっていて、しっとりしているのにベタつかないのも嬉しいポイント。大容量なのに、1000円以下のプチプラさも魅力的。

さらっとしたなめらかなテクスチャー。肌に塗ってみると吸い付くようなもっちり感で、肌のキメが整う。実際使ってみたところ、翌日の化粧ノリもぐっと良くなった。

1本を2週間で使い切るほど大量に使うのが石井美保流

顔全体に、ハンドプレスしながら化粧水を肌の奥へ押し込むようになじませていく。肌にもう水分が入り切らなくなるまで(3〜10回程度)なじませるのがポイント。石井さんもいろいろな化粧水を試したところ、「豆乳イソフラボン」化粧水は何度もなじませてもベタつかず、肌なじみが良かったそう。

1本1000円以下のプチプラアイテムだから、惜しげもなく使えるのが嬉しいところ。丁寧な毎日のケアが、年齢を感じさせない美肌を作り出しているようだ。

取材協力/美容家 石井美保さん

Channelバックナンバー

アラサー美容、救命作戦

配信日:水曜日(隔週)

悩み多きアラサーの美容トラブルをお助けする方法やおすすめアイテムを紹介

text : MIHO.S

supervised by

美容家
石井 美保

トータルビューティーサロンRiche主宰。エイジレスな美貌と底なしの美容知識を持ち、幅広く活躍。近著『石井美保のSecret Beauty』(宝島社)が好評。
by.Sチャンネル「アラサー美容、救命作戦」で水曜日(隔週)配信中!

石井 美保に関連する記事

undefined

Recommend

undefined