• アラサー美容、救命作戦

そのパフの摩擦、シミのもと! NGファンデの塗り方に学ぶ「肌は、宝石のように扱うべき」事実

2017.05.12

年齢を重ねるにつれて、だんだんと悩みのもとになってくるのが肌のシミ。「紫外線を浴びるとシミになる」ことはよく知られているけど、肌の摩擦で炎症が生じてシミや肌老化につながる危険性も。

雑誌などで活躍している人気美容家の石井美保さんにシミを作らない正解ケアを教えてもらった。

とにかく摩擦がシミのもと!

シミをまねくスキンケアのNG習慣として、最もやりがちなのが肌をこすってしまうこと。洗顔時はもちろん、注意すべきはメイク時にもあった。

「一番怖いのは、摩擦によるシミ。ごしごしこすったり洗ったりするのはシミのもとです。ファンデのパフも毎日強く伸ばすのはよくありません」

コメント: 石井美保さん

ファンデを塗る時のパフの摩擦も気をつけて

ファンデーションを塗る際、よく肌に密着するようにこするように塗ってしまう人も多いはず。石井さんいわく、ファンデはこするのではなく、押さえるように塗るのがポイントなんだそう。

まず、ファンデーションを適量取り、両手のひらに薄く伸ばし、広げる。そして、手のひらで顔にポンポンと押さえるようになじませながら伸ばしていく。
こうすることで、肌の摩擦を減らし、シミの原因を防ぐことができる。

肌は宝石のように大切に扱い、徹底して摩擦を避けることで劇的に肌が変わるそう。いつものメイクの仕方がシミの温床になっている可能性もあるかも。
シミを悪化させないためにも、いますぐファンデの塗り方を見直して、肌の透明感をキープしよう!

取材協力/美容家 石井美保さん

Channelバックナンバー

アラサー美容、救命作戦

配信日:水曜日(隔週)

悩み多きアラサーの美容トラブルをお助けする方法やおすすめアイテムを紹介

text : MIHO.S

Recommend