肩出し、背中開き、どこまでOK? もう「イタい」とは言わせない“大人の肌見せ”テク

PR:第一三共ヘルスケア株式会社

出典: Forewer/Shutterstock.com

夏はちょっぴり大胆に、肌見せファッションを楽しみたい季節。でも、ティーン世代と同じやり方では「イタい人」のレッテルを貼られてしまうかも。大人の色気を演出する肌見せテクニックを学びましょう。

出しすぎないのが色っぽい。大人の肌見せテク

1. 肩出しなら“ワンショル”で、アシンメトリーな色気をまとう

出典: vetrovamaria/Shutterstock.com

この夏流行のオフショルダー。「肩出しは若すぎるかも…」というあなたは、左右どちらかだけ見せられるワンショルトップスがぴったりです。デートで着れば、彼が左右どちらを歩くかによって、大きく印象を変えられそう。海などのリゾートシーンにもお似合いです。

2. “ざっくり見せ”はシックにまとめて、不意打ちの「ドキッ」を狙う

出典: Look Studio/Shutterstock.com

背中がざっくり開いた大胆なトップスは、黒などのワントーンでとことんシックに。「前から見ると地味かも?」と思わせるくらいのバランスで、あざとくないギャップを狙います。透け感のあるカーディガンやストールを持っておけば、テラスでの食事やレストランにもぴったり。

3. オーバーサイズの“抜けシャツ”で、トレンド×きちんとを両立

出典: Alones/Shutterstock.com

きちんとした印象のシャツは、ヘルシーな肌見せにお役立ち。後ろ襟を引き下げて着崩す“襟抜き”でうなじを見せれば、トレンド感ときちんと感を両立できます。ポイントはオーバーサイズを選んで、手首を見せること。リラックス感のある素材なら、避暑地でのんびり過ごす一着にも。

出典: Kamil Macniak/Shutterstock.com

挑戦したいファッションは見つかりましたか? さっそくおでかけしたいところですが、夏の肌見せの大敵といえば、厄介なのが虫さされ。うっかり刺されてしまった! というときは、その後のケアが大切ですよ。

虫さされのかゆみに。かきこわしを防いで、痕のこりしにくい。『マキロンパッチエース』

せっかくおしゃれに肌見せしても、虫さされが目立つ肌では台無し。『マキロンパッチエース』(指定第2類医薬品)は、大人の女性も美しく虫さされケアできる“貼るかゆみどめ”です。

赤く腫れあがる虫さされは恥ずかしいけれど、夏らしいおしゃれは楽しみたい。そんなときには、『マキロンパッチエース』のパッチがおすすめ。半透明タイプで目立ちづらいので、ファッションの邪魔をせず美しくケアすることができます。

かゆみが我慢できず、ついついかいてしまう虫さされ。かきこわしてしまうと痕が残ってしまうことも…。『マキロンパッチエース』はすぐれた抗炎症成分配合で、赤くはれた虫さされによるかゆみを鎮めてくれます。寝ている間のかきこわしを防いで、虫さされの痕を残りにくく。

出典: Masson/Shutterstock.com

大人の肌見せには準備が大切。いつでも見せられる肌で、夏のおしゃれを思い切り楽しんでみてはいかがですか?

Sponsored by 第一三共ヘルスケア株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。