• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

NOTママ、NOTカジュアル。定番「ボーダー服」をエレガントに着る3つの品格POINT

2017.06.12

定番アイテム、ボーダートップス。特に、洗いやすいカットソータイプはこの時期大活躍。

けれど、合わせるアイテムによっては、カジュアルダウンしすぎて「THE普通」になってしまいがち…。

品格ただようファッションスタイルにフォロワーが後を絶えない、パーソナルスタイリストの大日方久美子さんが、ボーダートップスを女性らしく、エレガントに着こなす3つのポイントを伝授。

① ピッチ(幅)が細いボーダーを選ぶ

エレガントに仕上げるためには、ボーダーのピッチ(幅)が細めのデザインを選ぶと、カジュアルダウンしすぎず◎。

プチプラのブランドでも、さまざまなデザインが出ているボーダートップス。質・色・形が優秀なアイテムを探してみて。

② コンパクト小物を合わせる

ボーダーに合わせる小物は、女性らしいコンパクトなアイテムを。サングラスやバッグがポイントに。ころんとした形がかわいい巾着バッグは、ボーダーとの相性抜群。

③ あえてモノトーンで統一する

大人っぽく、エレガントに仕上げるなら、モノトーンのコーディネートがクール。つまらなくならないよう、ベレー帽や差し色の赤コンバースを投入して、フレンチっぽく。

大日方さんは、トップスをコンパクトにしたぶん、タイトなボトムを選ばず、レーヨンやポリエステルなど、てろっとした素材の黒パンツをチョイスして適度な抜けを。

ボーダーをエレガンスに着こなす、品格ポイントは3つ。

① ピッチ(幅)が細いボーダーを選ぶ
② コンパクト小物を合わせる
③ あえてモノトーンで統一する

これなら、手持ちアイテムで真似できそう。定番服こそ、脱・普通コーデを楽しんで。

取材協力 Personal Stylist/大日方久美子

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 高橋みな

supervised by

パーソナルスタイリスト
大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案している。
by.Sチャンネル「10年後に差がつく、品格スタイル塾」で月曜日(毎週)配信中!

大日方 久美子に関連する記事

Recommend