透け透け、ずり落ち…「オフショルインナー問題」をスタイリスト・大日方久美子が解決

2017.05.29

すっきりとした肩・デコルテ見せが魅力的なオフショルトップス。気になるのが、インナー問題。肩に紐がないインナーを着たいけれど、なかでずり落ちてきてしまいがち。

パーソナルスタイリストの大日方久美子さんに、オフショルの日の、インナーの選び方を教えてもらった。

また、露出度の高さから「オフィスにはちょっと…」と敬遠しがちなオフショルだけれど、オフィスにも着て行けるオフショルは、ある。大日方さんに聞いたON/OFF併用オフショルの選び方を、伝授。

オフショルのお悩みあるある。インナーの選び方

①ラインがひびかない、ツルッとした素材を選ぶ

オフショルのインナー選びに重要なポイントは、すっきりと着こなすことができる生地感かどうか、ということ。

インナーのラインが服にひびかないツルっとした素材のものを選ぶと、薄い素材のオフショルトップスもボディラインをきれいに演出し、美しく着こなすことができる。

②ずり落ちてこない、チューブトップタイプを選ぶ

チューブトップタイプなら、胸元がゴムになっているデザインのものが多いため、ずり落ちてこない。

今年はバンドゥタイプやビスチェタイプも多数出ているので、機能性抜群のインナーを取り入れてみて。

オフィスにも着て行けるオフショル

ON/OFFどちらも対応可能なオフショルは、白・黒・ネイビー等のベーシックカラーで、サマーニットカットソー素材を選ぶことがポイント。これならお仕事中のジャケットなど、かっちりとしたアウターと合わせても浮かない。

お仕事終わりのデートや飲み会には、肩の部分を下げて、オフショルらしい着こなしを楽しんで。

今年トレンドのオフショルトップス。大日方さんに聞いた選び方を参考に、ワンランクア上の着こなしに挑戦してみて。

取材協力 Personal Stylist/大日方久美子

text : 高橋みな

Recommend