• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

大人たるもの、品格を取り入れよ。スタイリストが指南「シャツワンピ」のこなれ着まわし術

2017.05.14

今季、使えるアイテムといえば「シャツワンピース」。ボタンの開け閉めや、合わせるアイテム次第でコーディネートの幅が広がるのが、人気の理由。

エレガンスな人柄と品格ファッションで、フォロワーの絶えないパーソナルスタイリストの大日方久美子さんも愛用中みたい。品格漂う、シャツワンピの着回しテクニックをCHECK。

ライトカラーで潔く

まず1枚は持っていたい、白のシャツワンピ。軽い素材感のものを選べば、女性らしくやわらかい印象に。ブラウンのショートブーツを合わせて、上品仕上げ。軽快なクラッチバックに、すっきり見えるポニーテールで、季節に似合う、さわやかなコーディネートに。

ボタンを閉め、知性を放つ美シルエット

黒ベースの柄シャツワンピは、ボタンを閉めて。ベルトをオンして美シルエットを強調。小物をモノトーンで統一し、芯のある知的コーディネート。

シューズは、黒でなく白を選んでいるのも、重たくならない、あたたかなシーズン仕様。ポインテッドトゥシューズは“きれい”を加速させてくれるアイテムね。

何より注目したいのが、今季トレンドのレギンス合わせをしてるところ。スキニーデニムよりも、軽やかにクールにキマる。

ボタンを開いて、リラクシーに

よく晴れた休日には、ボタンを開いて軽やかなアウター役。デニムやフラットシューズと合わせてリラクシーに着たい。白トップスや白フラットシューズ、アイスブルーデニムを効かせて、明るく。足首をちら見せして、リラクシーの中に大人の抜け感を演出して。

大日方さんのスタイルから参考にしたいのは、着回しテクニックだけでなく、スタイルのなかに光る「自分らしい品格」。洗練テクニックを学びながら、トレンドの丸々コピーではなく、自分らしさに引き寄せて咀嚼したい。品格漂う大人の女性を、一緒に目指さない?

取材協力 Personal Stylist/大日方久美子

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 高橋みな

supervised by

パーソナルスタイリスト
大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案している。
by.Sチャンネル「10年後に差がつく、品格スタイル塾」で月曜日(毎週)配信中!

大日方 久美子に関連する記事

Recommend