元カノと比較されているかも。彼が密かに気にしている女性のデリケートゾーン問題

PR:小林製薬株式会社

出典: Oleg Gekman/Shutterstock.com

アラサーともなれば、デリケートゾーンだって美しくお手入れしておきたいもの。とはいえ、やりすぎもなんだか恥ずかしいし、正解がわからないのも事実。

今回は、エステティシャンとして多くの女性のシークレットケアを施してきた田中愛さんが、最低限お手入れしておきたいポイントを伝授します。

してないと恥ずかしい? アラサー女性のシークレットケア最低基準

出典: baltskars/Shutterstock.com

# アンダーヘアは“2フィンガー”が人気

出典: gpointstudio/Shutterstock.com

Q:アンダーヘアのお手入れをしている人はどのくらい?
アメリカではアンダーヘアを整えることは、髪の毛と同じように当然と考えている人が多く、日本でもおそらく半数以上の人がケアしているはずです。

Q:男性ウケするデザインやトレンドのデザインは?
男性ウケが良いのは、あまり凝ったものではなく短く自然にカットしてあるデザイン。毛が濃い人は、梳いて毛量を少なくすることもありますね。
でも、最近の主流は全部毛を無くしてしまったり指2本分だけ残す“2フィンガー”など。ほかにハートの形にするなど個性を出す人も多い気がします。

# “透明感”を求められるVゾーン

出典: Galina Tcivina/Shutterstock.com

Q:Vゾーンで気をつけておきたいことは?
水着シーズンになると特に気になる黒ずみ。男性は、女性のVゾーンに対して透明感や清潔なイメージを持っているケースが多いので、黒ずみを見て驚いてしまうことも。

Q:対策は?
皮膚科で相談することもできますし、美容皮膚科等では保険適用外ですがレーザー治療も行っています。診察に抵抗がある人は、酵素パウダーでやさしく角質オフし、専用の美白クリーム等でケアを。オイルやクリームで毎日しっかりと保湿し摩擦を防ぐことが透明感のあるVゾーンへの近道です。

# 把握すべき“自分の”ニオイ

出典: Marjan Apostolovic/Shutterstock.com

Q:ニオイに悩む女性はどのくらい?
生理やおりもののある女性は、大なり小なり気になっているはず。実際私も施術をしているときにデリケートゾーン特有のニオイを感じたことは何度もあります。でも、ケアできている人は少ないように感じますね。

Q:原因と注意点は?
とにかく清潔にすることです。デリケートゾーンは入り組んでいるので、尿や汗、おりものなどが残りやすい場所。シャワーでは落としきれないことが多いので、洗浄力が強く低刺激なデリケートゾーン専用の石けんを使用してやさしく洗うようにしてください。ニオイの強さよりも、「いつもと違うニオイ」に要注意です。

# 人に相談できない“かゆみ”

出典: Enrique Arnaiz Lafuente/Shutterstock.com

Q:かゆみの原因は?
下着による刺激汗、おりもの、生理など色々な原因がありますが、特に生理中は、ナプキン等で湿度が高くなるため、いつも以上にムレてかぶれやすい状態です。ムレてふやけた肌は、刺激に弱くなるので、かゆみなどのトラブルが起こりやすいのです。

Q:かゆみをおさえる方法は?

まずは自分の状態を知ること。そして早めに医師の診断を受けたり、市販の治療薬を使うなど初期の段階で正しくケアを。デリケートなところに薬を塗っても大丈夫かな…と不安を感じるかもしれませんが、そのままにしておくと悩みが深刻化することも。また、生理中はこまめにナプキンを取り替え、普段からムレを予防するために通気性がよく肌にやさしい素材の下着を選ぶことをおすすめします。

◆気づかれなくてもしておきたい“かゆみ”ケア

出典: baltskars/Shutterstock.com

彼に気づかれなくてもきちんとケアしないと大変なことになるのが、デリケートゾーンのかゆみ。『フェミニーナ』を販売する小林製薬の調査によると、なんと女性の約2人に1人が悩んでいるのだそう。

# デリケートゾーンのための治療薬

日本ではじめてデリケートゾーンのことを考えて作られたかゆみ止め『フェミニーナ』。女性なら誰でもおこる、デリケートゾーンのつらいかゆみをすばやく鎮めます。

ベタつかないフェミニーナ軟膏Sに加え、サラっとした使い心地のジェルタイプ、手が汚れず持ち歩きしやすいミストタイプの計3タイプ。

私は軟膏を使ったことがありますが、ベタつかず快適でした(田中愛さん)

出典: 編集部取材

『フェミニーナ』は、かゆみを感じている女性の約3人に1人(※)が使用経験あり。我慢しないで早めのケアが大切ですね。
※小林製薬調べ。

アラサー女性は大人。アンダーヘアの処理をしたり、デリケートゾーンの状態をきちんと把握し頼れるアイテムをつねに持ち歩く意識が大切です。第二の顔と言われるデリケートゾーンのケアも積極的に取り入れていきましょう(田中愛さん)

出典: 編集部取材

出典: Mikhail_Kayl/Shutterstock.com

シークレットケアの最低基準、クリアできていましたか? 見えないところまできちんとケアして、いつでも自信にあふれた女性でいたいですね。

■取材協力
田中愛(たなかあい) 美容家・起業家
エステティシャンとして女性たちの肌に直接触れ、声に耳を傾けながら、「肌の悩みを解消したい」「いつまでもキレイでいたい」という多くの女性たちのために、美容メソッドを発信。株式会社ビナーレ代表。著書に『田中愛の顔筋体操』

Sponsored by 小林製薬株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。