去年買った服、まだ着てもいい?プロが「止まっている女」に告ぐ"なんか古い"NGアイテム

2017.05.16

悲しいかな、栄枯衰退が激しいファッションシーン。うかうかしていると、いつの間にやらトレンドの置き去りに。

今年もまだまだ活躍するOKコーデと、ちょっとの差で“なんか古い”NGコーデを、人気スタイリストの川村桃子さんがジャッジメント。今日のスタイリングは大丈夫?

今年もOK認定は「オーバーサイズシャツ」

昨年から注目を浴び、引き続きトレンド最前線のアイテムは、オーバーサイズのシャツ。去年購入したものも、コーデに取り入れてOK! 今年はさらにサイズの大きさが進化して、バリエーションが増加中。

昨年はマスキュリンやクールなテイストが多かったけれど、今年は抜き襟や盛り袖、フレアスリーブやロングスリーブなど、ディテールにボリューム感がプラスされた、女らしいデザインが主流。

セーフ!は「オフショル」「ダメージデニム」

オフショルダーも旬の顔。セクシーさや大人可愛いオーラを放つ肩出しスタイルは、この春・夏も人気の衰える気配がない。

また、ダメージデニムも、引き続き主役級で活躍するアイテム。オフショルトップスとダメージデニムパンツの組み合わせは、甘さと辛さを心地よく引き締め合ってくれる相性抜群のコーデ。

そろそろNGは…「すね丈ガウチョ」

気づくと姿を消しつつあるのが、ガウチョパンツ。2015年に大ブレイクしたガウチョだけれど、いまでは実はすっかり下火のアイテム。

ひざ下からすね丈ほどのガウチョパンツに変わり、ロング丈のワイドパンツがトレンドの座を射止めている。ちなみに、スカーチョはギリギリセーフ。まだ普段のコーデにガウチョを取り入れているのなら、今すぐワイドパンツやスカーチョに切替えて!

また、永遠の定番・デニムパンツが、より進化してブームを巻き起こしている模様。今年ボトムを買いなおすなら、ワイドパンツと最新デニムパンツで決まり。

アラサーになって“私らしさ”というものが確立されてきて、私らしいファッションを貫いていたら、いつのまにか「止まっている女」の烙印を押されていた…なんてことも。時代に取り残されないよう、フレッシュな感覚を養って!

取材協力 Stylist/川村桃子

text : 松本美香

supervised by

スタイリスト
川村 桃子

2005年に独立後、『CanCam』を中心に「えびちゃんOL」「優OL」などメイン企画を担当の人気スタイリスト。現在も人気ファッション誌を中心に活動。
by.Sチャンネル「もも姐のトレンド判定」で月曜日(隔週)配信中!

川村 桃子に関連する記事

Recommend