• 今日の服と、計らいhair

骨格コンプレックスも解消。プロ直伝・最旬ポニテをつくるNEOアイテムは「キャスケード」

2017.05.19

いま、インターネット上には、たくさんのヘアアレンジ動画が溢れている。いろいろと試してみたいものの、仕事にプライベートに忙しくって、毎朝手の込んだアレンジをする余裕などない…なんてひとは多いはず。

そして、アラサーにもなると、ラブリーすぎるアレンジはミスマッチ。会社でも浮かない簡単アレンジなら、ポニーテール一択でしょ、とワンパターンになりがち。けれど、おしゃれの仕上げにヘアスタイルはとっても重要!

そこで、ヘアアレンジのプロが、大人の女性にふさわしい超簡単・こなれアレンジを伝授。教えてくれたのは、ヘアアクセサリーブランド・フランスラックスPRの西村カナコさん。

ポニーテールって実は、頭の形コンプレックスがバレやすい…

日本人に多い、頭の形のお悩み。日本人は西洋人に比べハチが張っていたり、後ろが平らな“絶壁”だったりと、骨格コンプレックスがある。ゴムで結ぶポニーテールって、簡単に作れるけれど、実は、形コンプレックスが目立ちやすいスタイルみたい。

そこで西村さんは、ゴムではなく「キャスケード」というアクセサリーをご指名!

キャスケードは、ポニーテール風アップスタイルにおすすめのヘアアクセサリー。髪を後ろでざっくりとまとめて挟むだけで、絶妙なルーズ感のあるおしゃれなまとめ髪に。

ゴムのように局部的な結び目でなく、広範囲の髪をまとめるので、骨格のコンプレックスをカバーできる優れもの。

このキャスケードをリリースしているフランスラックスは、熟練の職人が一つ一つ手作りし、世界中の女性を虜にしてきたヘアアクセサリーブランド。ワンランク上の洗練さを求める女性にふさわしい、クラフトマンシップとデザイン性光るアイテムが魅力。

それでは、西村さんおすすめのキャスケードを使ったこなれアレンジをご紹介!

1テク足しで、おしゃれ度が急上昇

ただ挟むだけでももちろんかわいく仕上がるけれど、試してみたい1テク足し。いちどざっくりキャスケードで髪を挟んだ後、毛先をくるんと巻きこんで挟み直す。すると、こんな無造作シニヨンが完成。とっても簡単なのに「こなれ感」あふれるスタイルの出来上がり。

写真で使われているキャスケードは、べっ甲柄のフラワーモチーフがアクセント。大人にはこれくらいのキュートさがちょうどいい!

たまにはハイポニーしてみない?

こちらは、夏にぴったりのハイポニー。明るい服と合わせて、太陽の下を闊歩したい!

挟む位置を高くしても、髪をしっかりとホールドしてくれるので崩れ知らず。これなら忙しい朝だって、不器用な人だって、お手のもの。

ひとは正面から見られるよりも、横顔や後ろ姿を見られることのほうが多いんだって。大人にふさわしい、こなれヘアアレンジで“全方位美人を叶えたい。

取材協力 France Luxe PR/西村カナコ

Channelバックナンバー

今日の服と、計らいhair

配信日:火曜日(隔週)

今日着たい服にお似合いの「がんばりすぎない」ヘアスタイル。

text : 辻岡智子

supervised by

France Luxe PRマネージャー
西村 カナコ

誰もが手軽に楽しめるヘアアレンジと、日常のトータルコーディネートの合わせ方をご紹介。化粧品PRの経験を元に忙しい日常をアクティブに過ごす人にお勧めな美容情報も。
by.Sチャンネル「今日の服と、計らいhair」で火曜日(隔週)配信中!

西村 カナコに関連する記事

Recommend