10分以内で完成。ラクなのに、きちんと感のある「美女ソロめし 初夏Ver.」レシピ3選

2017.06.01

ハードな仕事をこなして帰宅した夜は、「ごはんを作るのが面倒」と感じるときも…。そんな気分のときに覚えておきたいのが、お手軽で見栄えも◎な“美女のソロめし”。

「簡単でもきちんと見える料理なら、“手抜き”という罪悪感もなく、自分への自信につながります」と話す、料理研究家の荻原和歌さん。10分で簡単、初夏~夏におすすめのさっぱり目なレシピを教えてもらった。

簡単! 暑い時季に食べたくなる「冷やし豆乳そうめん」

材料
・そうめん 1束
・めんつゆ 大さじ1
・豆乳 100ml
・薬味(すりごま、ネギ、ユズコショウ、ミョウガなど、お好みで)

つくり方
①そうめんをゆでて、冷水で締めてからザルにあげておく。
②濃いめにつくっためんつゆを豆乳で割る。(市販のめんつゆを使ってもOK。3倍希釈の場合は相当量の豆乳で割る)
③その時々の薬味を添えて完成。

豆乳だれは、一般的なめんつゆで食べるそうめんより満足感があります。薬味をバジルやパクチーにすれば、洋風やオリエンタル風の味に早変わり。レンジでチンした鶏むね肉を裂いてのせればタンパク質も摂れますよ。

コメント: 荻原和歌さん

食感が楽しい! 色鮮やかな「ダイコンのパリパリ甘酢」

材料
・大根 片手に乗るくらいの量

(A)
・酢 大さじ2
・砂糖 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1

・ごま 少々

つくり方

①大根を皮つきのままスライスしてふたつきの容器に入れる。
②(A)を混ぜ合わせてから容器に入れ、ふたをしっかり閉める。
③上下を何度かひっくり返し、冷蔵庫で2~3時間寝かせる。
④お皿に盛りつけて、お好みでごまをふりかけて完成。

このレシピは"サラダの素"としても優秀です。写真では「レディサラダ」という三浦産のダイコンを使っていますが、カブや普通の大根でつくってもおいしいですよ。

コメント: https://ameblo.jp/ogiwaka/entry-11714298113.html

香ばしさ際立つ「豆苗と豚バラの塩糀炒め」

材料
・豆苗 1パック
・豚肉薄切り 100g
・にんにく 1かけ
・塩こうじ 大さじ1
・ごま油 小さじ1~2

つくり方
①豚肉は食べやすく切り、塩こうじとごま油をまぶしておく。
②ニンニクをみじん切りにする。豆苗を4cmほどに切る。
③フライパンに油をひき、ニンニクを入れて弱火で加熱する。
④ニンニクのまわりに泡がたっていい香りがしてきたら強火にし、①を入れて炒める。
⑤豚肉の色が変わったら豆苗を投入。ザッとまぜ、火をとめて完成。

豆の香ばしさと鮮やかな緑のコンビネーションは食卓を彩りたいときに重宝します。豆苗は噛むことで満足感も得られますよ。

コメント: 荻原和歌さん

暑くなりはじめる初夏のシーズンは、なんだかお疲れ気味…なんてひとも多いはず。10分で簡単につくれるレシピなら、自炊もできるのでは? 一人のときも、きちんと感のある料理がつくれるようになったら、女子力もアップも間違いなしね!

取材協力/料理研究家 荻原和歌さん

text : 東谷好依

supervised by

料理研究家
荻原 和歌

地産地消をモットーに“キレイ”を作る「簡単」「野菜」料理のエキスパート。著書『ドかんたん レシピ めんどくさがり屋で忙しい女子のため』(主婦の友社)など多数。

荻原 和歌に関連する記事

Recommend