脱・マンネリ地味子さん。「色×色」コーデ成功の秘訣は●●を統一することだった!

2017.06.30

ブランドから今年も出揃ったサマーコレクションを見ると、はっとするような色のかけ合せに視線を奪われる。あんな風に色と色を組み合わせてコーディネートを楽しみたい。そうできたら理想だけど、大胆な色合わせをコーデに取り入れるのは至難の技。

そこでお話を伺ったのは、色彩コーディネーターでありファッションアドバイザーの日比理子さん。なんでも、色と色のかけ合わせにはある「注意」が必要なんだとか。色彩学をもとにカラーコーディネートを楽しむ日比さんが「色×色」のコーデを成功させるための、ある秘訣を教えてくれた。

色のトーンを統一することが「色×色」成功の秘訣

トーン(色の調子)は鮮やかなトーン、くすんだトーン、グレイッシュで明るいトーンなど様々ですが、どんなカラーでも、トーンを合わせると調和するという法則があります。

コメント: 日比理子さん

このコーデでは淡いトーンのピンクに、淡いグレーをプラス。そのままではぼやけた印象になるため、エッジの効いたパンプスでコーデをきりりと引き締め。

「色×色」コーデでは全身で見た時のカラー同士のバランスがポイント。たとえば全身のトーンを落としたら、小物などで引き締めカラーを投入することをお忘れなく。

このコーデは「色×色」の掛け合わせですが、柔らかなトーンで合わせているため、決して派手ではなく穏やかな印象になっています。コーディネートの印象は、実はトーンのイメージで左右されています。

コメント: 日比理子さん

おしゃれ上級者=カラーコーディネートを楽しめる女性。挑戦しづらいと思っていたあなたは、日比さんが提唱する「色×色」成功の秘訣を心得て。思わず目で追いかけてしまうくらい、鮮やかに色をコーディネートしたいものね。

取材協力 Fashion adviser/日比理子

text : 門上奈央

supervised by

ファッションアドバイザー
日比 理子

色彩学に基づいたコーディネートやプチプラアイテムによるスタイリングを得意とし、様々な媒体で情報発信を行う。近著は『MY FASHION BOOK』(大和書房)。

日比 理子に関連する記事

Recommend