じめじめ期でもコンディションが崩れない理由。神崎恵さんが10年続ける洗顔術が気になる

PR:第一三共ヘルスケア株式会社

お肌の不快指数が上がる梅雨の時期。スキンケアのお悩みも増えるこの季節に、トラブルのないさらり肌でいるにはどうしたらよいのでしょうか?

思わず触りたくなるエンジェル肌の美容家・神崎恵さんと、敏感肌ケアでおなじみミノン アミノモイスト商品企画の鹿島さんが、不調になりがちなじめじめ期にすべきケアの正解を探ります。

美容家・神崎恵さんが「触りたくなる肌」のために続けていること

# 肌トラブルの原因は「自分をよくみていないこと」

鹿島さん:ベタベタやごわつき、くすみなど、肌不調が気になりがちな季節ですが、この季節に特に感じる肌悩みはありますか?

神崎さん:私自身は自分の肌の取り扱い方法を見つけているので、特に目立ったトラブルは感じません。「この時期はこうなる」というのが予め予測できているので、ゆらぐ前に手を打つようにしているからでしょうね。

鹿島さん:具体的には何をされるんですか?

神崎さん:季節や生理周期を意識して、「そろそろだな」と思ったら肌に負担をかけないようにクレンジング不要のファンデに変えたり、敏感肌用のスキンケアに切り替えたりしています。あとは、万が一荒れたり、不調になった時のためのレスキューアイテムを持っていると、それだけでストレスが軽減されることも。

鹿島さん:「こういうときはこれ」という自分の定番を見つけるということですね。

神崎さん:はい。ただ、主催しているメイク教室などで話を聞いていると、みなさん自分の身体や肌をよくみてないな…と感じることが多いですね。調子を崩してからあれこれしようとするみたい。

# 調子が悪いと感じたら●●を真っ先に変える

鹿島さん:不調になってしまったときにすること、見直すべきことは何だと思いますか?

神崎さん:色々なケースがありますが、今使っている何かを変えるのだとしたら「洗顔」をおすすめしますね。間違った洗顔をしている人が多いので、正しい洗い方にするだけで肌のバランスが変わることも多いんです。

鹿島さん:美容感度の高い人ほど、洗い過ぎか洗わな過ぎのどちらかだったりしますよね。

神崎さん:残すものは残して、落とすものは落とすのが正しい洗顔。自分は敏感肌だと思っている人は多いけれど、ちゃんとケアができていないから肌がゆらいでいるだけなんてことも。

神崎流「洗顔」の正解とは

# 目にみえる“実感”が大切

鹿島さん:神崎さんご自身はどんな洗顔を取り入れているんですか?

神崎さん:まず、洗い方としては、皮脂の多いTゾーン→Uゾーン→頬などの広いところ→目口まわりという順番がマスト。私はよく「胸までが顔」と言っているんですが(笑)、デコルテ・胸まで全部顔と同じケアをします。自分の生活習慣やクセなどを意識して、どこが汚れていてどう磨いたら美しくなれるのか「自分に気づく」ことができるのも洗顔の良いところですね。

鹿島さん:愛用の洗顔料は?

神崎さん:
私は「酵素洗顔」を続けています。以前肌の固さやくすみが気になったときにスペシャルケアとして取り入れたのがきっかけなのですが、今は定番に。使うと目にみえて“透明感”が現われるので朝使うことが多いですね。透明感て、お肌のバランスの良いときにしか出ないんです。私にとっては「まだキレイになれる」と気持ちのスイッチを押してくれるアイテムです。

鹿島さん:朝はTゾーンだけとか、部分的に使うのもいいですね。また、酵素洗顔するとその後使うアイテムの肌なじみがよくなるので、しっかりスキンケアする夜にもおすすめ。私は「洗うブースター」と呼んでいます。

# よく知らない酵素の働き

鹿島さん:酵素ってもともと肌にあるもので、肌の新陳代謝=ターンオーバーを正常に整える働きがあります。でも、肌に水分が不足してくると酵素の働きが鈍くなり不要な角質が溜まりがちに。これが、ゴワつきやカサつきなどによる、くすみを引き起こす原因になるんです。

神崎さん:「角質を取り除く」というとピーリングの印象が強いですが、根こそぎ取り除くのがピーリングだとしたら、酵素洗顔は不要な角質を取り除くケア。ターンオーバーの“リセット洗顔”と位置づけているので、ただ「洗う」というより、「育てる」ケアとして取り入れていますね。

やさしさにこだわった酵素洗顔『ミノン アミノモイスト クリアウォッシュ パウダー』

# 理想は触れる前からやわらかそうな肌

鹿島さん:『ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダー』を使われていかがでしたか?

神崎さん:洗って“透明感”“血色感”を感じられるのがいいですね。私はそれを洗顔の正解・理想と定義づけています。つっぱらないのに毛穴の存在感まで感じなくなるような、触れる前からやわらかそうな感触がみてわかるんです。

鹿島さん:酵素とアミノ酸系洗浄成分のダブルパワー*を実感していただけたんですね。肌本来のうるおいを守りながら、余分な角質や汚れを落とす保湿洗顔がポイントです。

*ラウロイルグルタミン酸Na、プロテアーゼ:洗浄成分

# 「もっとキレイになれる」と思わせてくれるもの

鹿島さん:『ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダー』は毎日でも、週1-2回程度でも使える酵素洗顔料です。敏感肌・乾燥肌だと角質ケアを怖がってしまいがちですが、たまにでもいいので取り入れて欲しいですね。

神崎さん:忙しくてお手入れに時間をかけることができなくても、日々の洗顔で角質ケアができるのがいいですね。目でみて透明感を実感しやすいので、使うたびに気持ちが高まります。スキンケアに瞬発力を与えてくれるアイテムだと思います。

鹿島さん:スキンケアって、目にみえて効果を実感できるまで時間がかかってしまうので、難しいなと思うこともありますよね。

神崎さん:酵素洗顔は、数少ない「実感できるコスメ」のひとつ。洗顔して顔からくすみがなくなると「もっとキレイになれるんだ」と実感できるはず。女性にとっては、そういう気持ちを感じられることが何よりも大切なんです。

自分とちゃんと向き合うことで、トラブル知らずの肌を保ち続ける神崎恵さん。酵素洗顔を取り入れて、神崎さんのような「触りたくなる肌」を目指してみては。

Sponsored by 第一三共ヘルスケア株式会社

supervised by

美容家/ビューティライフスタイリスト
神崎 恵

「mnuit」主宰。“自らあらゆるものを試し、ほんとうにいいと実感できるものだけをすすめる”というスタイルが世代を問わず支持され、著書累計は100万部を超える。

神崎 恵に関連する記事