敵は「湿気」だけにあらず。1日のなかで変わる、梅雨の髪悩み...どうケアする?

PR:資生堂

出典: conrado/Shutterstock.com

目覚めた瞬間から、髪のうねりや広がりに悩まされる梅雨。やっと直して会社に着いたと思ったら、今度はなぜかぱさぱさに…!環境の変化に大忙しな梅雨の髪を、一日中美しく保つ方法とは?

あなたはいくつ当てはまる? 梅雨の髪の「あるある」お悩み

scene1. きちんと乾かしたのに..。寝起きの“爆発髪”にがっかり

出典: Kite_rin/Shutterstock.com

目覚めると、しとしと降る雨の音。嫌な予感がしつつ洗面台に向かうと、やっぱりぼさぼさ、うねり髪の自分が…。夜中の雨で湿度が上がり、キューティクルが剥がれた部分から水分が入り込むことで、髪が広がる原因になってしまうのです。「これ以上傷ませないようにしっかりケアしよう」と反省しながら、やさしくブロー。

scene2. 朝の努力は、なんだったの? 通勤中に“ぼさぼさ”が加速

出典: Nick Starichenko/Shutterstock.com

なんとか髪をセットして、職場に到着。席に着く前にお手洗いに入ったら…鏡に映るのは、またもやあのぼさ髪!原因は、濡れた傘が持ち込まれ、湿気でいっぱいになったバスや電車。「朝の努力が台無しだな」と思いながら、ヘアクリップでざっくりまとめて応急処置。

scene3. 第二の敵が出現。クーラーによる“乾燥トラブル”

出典: Gyorgy Barna/Shutterstock.com

「本当は外でランチしたいけど、また雨に濡れるのは嫌だな」。そう思って一日中会社にいたのに、またもや悲劇が。夕方、なんだか髪がパサついてる。暑さが増してくるこの時期、実はクーラーによる乾燥という、湿気とは真逆の敵が潜んでいたのです。慌てて、デスクに置いていたヘアオイルを毛先にon。

あなたにも、思い当たるシーンはありましたか? 梅雨時の髪は大忙し。湿度のアップダウンに左右されない、新しいシャンプー習慣をはじめましょう。

『TSUBAKI』のオイルシャンプーで、髪の水分バランスを調節

髪内部の水分量を調節し、扱いやすい艶髪に仕上げるオイルシャンプーです。

◆ 髪内部の水分量を調節。うるおいコントロール機能

出典: VGstockstudio/Shutterstock.com

最大の特長は、なんといっても湿気や乾燥に左右されにくいうるおいコントロール機能。保水&調湿成分配合で、1日のなかで変わる湿気・乾燥に合わせて髪内部の水分量を調節してくれます。

◆ ノンシリコンなのにきしまず、軽やかな指どおり

出典: marcovarro/Shutterstock.com

『TSUBAKI』のオイルシャンプー&コンディショナーに使われるのは、厳選された長崎県五島列島産の椿の種から搾られる「一番搾りのピュア椿オイル*」。傷んだ髪を包み込むようにいたわりながら、ノンシリコンなのにきしまずなめらかに洗い上げます。湿気にも乾燥にも負けない、軽やかな指どおりを体験してみて。

* ツヤ、毛髪補修、毛髪保湿

出典: Bogdan Sonjachny/Shutterstock.com

うんざりしてしまう雨の日も、髪がキマればちょっぴり気分が上がりそう。さあ、お気に入りの傘を差して出かけましょう。

Sponsored by 資生堂

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。