• 美の処方箋

毎月イライラする自分にうんざり…生理前の「定期鬱」を癒やすのは“週3回の○○習慣”

2017.07.01

生理前になると、心と体のコントロールできなくなる。もしくは、理由もわからずイライラしたり、気分が沈んだり、どこか調子が悪い…。多くの女性を振り回すもの、それは「月経前症候群(PMS)」

「私も目眩がするほどの重い症状だった」と語るのは、看護師として働いた経験もある人気メイクアップアーティストの早坂香須子さん。何とか治したいという思いから、たどり着いた習慣があるのだそう。

おやすみ前はブルーライトをOFFして、ハーブティーを

早坂さんが取り入れているのは、ハーブティー習慣。「なんだか効かなそう…」と思うなかれ。ハーブは古くから人々の健康を支えてきて、いまも支持される健康の強い味方。「週3回は試してみて」という早坂さんの寝る前のルーティンは?

出典: 編集部撮影

私の場合、眠る前にブルーライトの電源を切ってハーブティーを飲む時間を作りました。心と体がコントロールできない時は、女性ホルモンが乱れているのかな?と思って、女性ホルモンに働きかけるハーブを試して欲しい。そして1日の終わりに、自分に優しくなる時間を作ってあげてください。

コメント: 早坂香須子さん

また、体の様々な不調を加速するのが、ブルーライト(スマホやパソコン)による覚醒効果。強い光が安眠を妨害し、心と体のリズムを狂わせてしまうそう。ついつい寝る前にいじってしまうスマホだけど、思い切ってOFFにする癒しの時間が必要なんだとか。

イラッとした気持ちを鎮めるハーブ「メリッサ」

早坂さんがおすすめのハーブティーは、古くからヨーロッパ人の不調を支えてきた、ハーブ薬局「エルボリステリア」のメリッサ
また、コスメキッチン代官山本店へ行けば、心と体の不調に寄り添ったハーブを相談できるみたい。

CosmeKitchen HERBORISTERIE シングルティザンヌ メリッサ

出典: 編集部撮影

スッキリとした甘みと爽やかな香りが、心を穏やかにするレモンバーム(メリッサ)のハーブティー(ティザンヌ)。イライラやストレスといった心理的な悩みの症状に効果的。

100g
¥2,600(税抜)

最近のお気に入りは、メリッサというハーブ。天然のトランキライザー(精神安定剤)と呼ばれるほど、落ち込んだ気分やストレスを吹き飛ばしてくれます。疲れた夜に、メリッサを飲んで深呼吸すると「まっいっか!」と受け流せるように。

コメント: 早坂香須子さん

早坂さんは、おやすみ前のハーブティーをはじめてPMSのイライラをやり過ごせるようになったんだそう。夜眠る前に、スマホを置いてハーブティーを飲んで、深呼吸してみない? そんな時間を持てるようになったら、少し心がコントロールできるようになるかも。

お問い合わせ先
コスメキッチン
☎︎03-5774-5565
www.cosmekitchen.jp

取材協力/メイクアップアーティスト 早坂香須子

Channelバックナンバー

美の処方箋

配信日:月曜日(隔週)

心も体も健康に美しくなるためのアイテムや美容法を早坂香須子さんが伝授。

text : iida_maki

supervised by

メイクアップアーティスト
早坂 香須子

メイクアップアーティストとして国内外のモデルや女優からの支持が高く、数多くのメディアでも活躍中。「ネロリラ ボタニカ」ブランドディレクターを務める。
by.Sチャンネル「美の処方箋」で月曜日(隔週)配信中!

早坂 香須子に関連する記事

Recommend