無難・かぶり服でいいの? “別格おしゃれ美人”も夢じゃない、色気を放つレディな古着テク

2017.06.29

無難なコンサバ服や、トレンド服ばかり着ていると「みんなと同じ」におちいり、さらには街を見ると、あちこちに“かぶり”が続出…なんて事態になりがち。

ならば、絶対にかぶらない古着アイテムに挑戦してみない? 初心者でも、これさえ覚えれば失敗知らず。大人にお似合いの古着コーデを“こなれのプロ”吉田怜香さんが教える。

異素材アイテムをミックス

初心者には難しそうな大人っぽい古着コーデ。実は、吉田さんが意識しているのはこれだけ。異素材をミックスする、ということ。

たとえば、トップスにラフなスウェットを選んだとする。ならばボトムスは、上等な女を感じさせる、上品なシルクのワイドパンツを履くのが正解。

異素材ミックスが、古着コーデをレディに寄せるコツなのだ。

スウェット×デニム、大人の女性が手を出すと危険

吉田さんが「絶対にやらない」と断言するのが、スポーティなスウェットのトップスに、デニムのボトムスを合わせたコーデ

大人の女性が手を出してしまうと、とても危険! 女性らしさがなくなり、野暮ったい男子中学生のようになってしまう…。

初心者でもキマる、大人古着コーデの基本形

では、スポーティーなスウェットには何を合わせるのが正解? 初心者ならば、花柄ロングスカートが断然おすすめ。

花柄スカートが女っぽさを引き立ててくれるから、足もとはカジュアルなスニーカーでも、フラットサンダルでもOK

ほら、ひとつひとつのアイテムは定番なのに、掛け合わせると、ひときわ目を引くこなれ感を演出できるでしょ。

今日覚えた、こなれ感を作る計算式はこんな感じ?

古着 × 異素材レディ = かぶり知らず・こなれ大人コーデ

レディアイテムを味方にできるのは、大人ならでは。古着ミックスで“別格おしゃれ美人”目指してみない?

取材協力 LIFE's director/吉田怜香

text : 有山千春

supervised by

LIFE's ディレクター
吉田 怜香

ライフスタイルショップ「LIFE's」ディレクター。私服やインテリアなど圧倒的なセンスで20〜30代の幅広い女性に支持されている。これまでに4冊の著書を出版。

吉田 怜香に関連する記事

Recommend