ノースリーブ服から覗く、残念な二の腕…。夏までに脱したい、あの「プツプツ」の正体って?

2017.06.24

街中で見かけた、素敵な女性。ナチュラルだけれど、洗練されたメイク、艶めく栗色の美髪、素敵な赤いノースリーブのワンピース…。あれ? でも、よく見ると、二の腕にニキビのようなプツプツが…。

なんて、あなたの二の腕は大丈夫? 
美肌のエキスパートである、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生によると、“あのプツプツ”の正体は、ニキビではない可能性が高いのだそう…。

きれいな、あのひとの二の腕にも…。気になる「プツプツ」の正体とは

突然ニキビのようなものが大量発生した、ザラザラしているなどと、二の腕のプツプツ問題に悩んでいるというひとも少なくないはず。吉田先生いわく、その正体は「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」または「毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)」という皮膚疾患なのだとか。

手ごわい皮膚疾患。●●のひとが、なりやすい…

毛孔性苔癬は、毛穴に詰まった角栓で、毛穴まわりの角質が硬くなってプツプツが発生するという、遺伝性の皮膚疾患。色味は通常、肌色でプツプツだけあるというひともいれば、赤みや茶色みがありそれが気になるというひともいると、吉田先生。

また、肥満の方は毛孔性苔癬になりやすいので注意が必要です。

コメント: 吉田貴子先生

思春期に発症し成人するころには改善するけれど、なかには、なかなか治らない…というひともいるのも事実。そんなひとでも、40歳を超えるころにはなくなるのだそう。

とはいえ、それまで待っていられない…!

一刻もはやくお別れしたい! プロ直伝・ケア方法をCHECK

プツプツが気になるからといって、つぶしたり、洗う際にゴシゴシとこすったりするのはNG! 色素沈着の恐れがあるから、注意して。さらに、大切なのは保湿すること。角質をやわらかくする「尿素」や「ビタミンA」などが含まれている、保湿クリームを塗ってあげるのが◎。

短期間で、きれいになるよう改善したいひとは、皮膚科で行うピーリング治療などもおすすめです。

コメント: 吉田貴子先生

夏も近づき、半袖・ノースリーブのスタメン率が高くなってきた。こだわって選び抜いた、メイクやコーディネートも、二の腕の“プツプツ”のせいで台無し…なんてことにならないよう、しっかりとケアをして! 誰かにとって「街で見かけた、素敵な女性」になれるように…。

取材協力/渋谷スキンクリニック 吉田貴子院長

text : by.S編集部

supervised by

渋谷スキンクリニック院長
吉田 貴子

皮膚科・美容皮膚科医。渋谷スキンクリニック院長。あまねく人々のホーム”スキン”ドクターになるべく毎日奮闘中。コラムなど執筆活動でも美肌普及活動に力を注いでいる。

吉田 貴子に関連する記事

Recommend