• 働く女の"パイセン"美容

低気圧のダルさはサラリと回避。「キラキラOL」のデスクにある率高いアイテムが気になる

2017.07.17

ジメジメとした梅雨に、夏はゲリラ豪雨や台風など、何かと気圧の変化に悩ませられる時期。「なんとなくダルい…」「偏頭痛がつらい…」とお悩みの働きウーマンも多いのでは? 今回はそんなときにぴったりのリフレッシュ方法を、オーガニックコスメブランド「エッフェオーガニック」のディレクターを務める田上陽子さんに聞いてみた。

スイス生まれのアロマが、低気圧不調に効く!

出典: 編集部撮影

この時期田上さんがおすすめするリフレッシュ方法は、オフィスデスクでのマッサージ。マッサージオイルには、スイスのナチュラルコスメブランド・ナリンの「ハーブオイル33+7」を愛用しているのだとか。

頭痛や肩こりに悩んでる人におすすめ。うちの会社(マッシュビューティーラボ)のOLはみんなデスクに置いてます。アロマオイルには直塗りできるものとできないものがあるけど、これは直塗りOKなのですごく使いやすい。ベタつかないので、場所を気にせずマッサージできます。

コメント: 田上さん

マッシュビューティーラボといえば、セルヴォークやコスメキッチンなどを手がける人気企業。美人が多いことでも知られるマッシュさんのOLたちが使っているなんて、説得力高め。

直塗りOKがうれしい、ナリンの看板アイテム「ハーブオイル33+7」

出典: 編集部撮影

ナリン「ハーブオイル33+7」
15ml 2,700円 / 50ml 5,900円(税抜)
※3歳未満の子ども、妊娠中・授乳中の女性は直接肌に塗らないでください。

お問い合わせ先
スターティス株式会社
03-6721-1604
http://www.nahrin.jp/
http://stytice.com/

スイスの修道院に伝わるレシピをベースに、ユーカリ、オレンジ、ペパーミント、スペアミント、ラベンダー、 レモン、マウンテンパイン、シベリアンファー、ローズマリーなど40種類のハーブを配合したアロマオイル。医療の現場などで使用されるフランス式アロマに対応しているので、直接肌に塗ってもOKなのがうれしいポイント。

出典: 編集部撮影

肌に伸ばしてみると、ユーカリやミントの清涼感のあと、柑橘系の甘い香りがふわっと広がる。最後に残る香りは、付ける人のその日のコンディションなどによって変わるそうなので、使ってみてからのお楽しみ。香りの奥ゆきをじっくりと楽しめるのも、このオイルならでは。

オフィスで頭痛が気になるときは、これでこめかみ~頭皮をマッサージ。肩こりからくる頭痛もあるので、しっかりほぐしたいときは肩~首筋もマッサージします。スーッと爽快感のある使い心地で、マッサージ後はスッキリしますよ。

コメント: 田上さん

出典: 編集部撮影

全身をしっかりマッサージしたいときは、手持ちのボディクリームやオイルに1~2滴混ぜると伸びがアップ。
また、マッサージのほかにも、入浴剤代わりにに3~5滴垂らしてアロマバスを楽しんだり、水で薄めて自家製アロマスプレーを作ったりと、おうち美容にまで幅広く活躍してくれそう。もちろん、ディフューザーなどで通常のアロマオイルとしても使うことができる。

心や体の不調だけでなく、実はむくみの原因にもなる低気圧。「ハーブオイル33+7」で、この時期はいつもより入念なボディケアを心がけてみて。

取材協力/ エッフェオーガニック ディレクター 田上陽子さん

Channelバックナンバー

働く女の"パイセン"美容

配信日:月曜日(隔週)

憧れOL「陽子パイセン」が働く女性のお悩みあるあるを解決。

supervised by

Celvoke ディレクター
田上 陽子

都会派ウェルネス&ビューティーライフを広げるべく「F organics」と「Celvoke」二つのビューティーブランドを立ち上げ、現在は両ディレクターを務める。
by.Sチャンネル「働く女の"パイセン"美容」で月曜日(隔週)配信中!

田上 陽子に関連する記事

Recommend