Ameba芸能人Blogまとめ

海外Insta発。整形級に変わる"立体メイク"は、早く普段メイクに取り入れたもん勝ち

2017.07.13

海外のInstagramで流行した立体メイク術コントゥアリングメイク。ただのハイライト・シェーディングよりもしっかりと仕込むため、まるで元から彫り深小顔美人だったかのような立体感が実現すると話題になっています。

実は、コントゥアリングメイクは、彫りの浅い日本人にこそピッタリなメイク方法。今回は、そんなちょっとハードルの高そうなコントゥアリングメイクを毎日のメイクで取り入れられる簡単な方法をご紹介。コントゥアリングをマスターすれば、整形級に骨格を理想に近づけることが出来ますよ。

【クラウンコントゥアリング】とは、コンプレックスを修正するベースメイクのこと

馴染ませる前の顔が、カラフルでピエロっぽいから、そう呼ばれるようになったそうです

【クラウンコントゥアリング】は、実は日本でもプロのメイクさんが昔から実践している方法で…

彫りの深さをナチュラルに実現出来るので、アジア人の骨格に向いているんですよ

1.クリームタイプのハイライト&シェーディングを準備

落ちにくくするには、クリームでシェーディングを行い、更にパウダーでもシェーディングをするWシェーディングです(^^)/どちらも淡めに、曖昧な発色で十分効果があります!


クリームのオススメは
メイベリンの
Vフェイスデュオスティック
軽くのせて指でぼかすだけ(^^)/
ナチュラルにシェーディングと
ハイライトを楽しめます!

彫りの深さを出すために、イライトとシェーディングを準備します。クリームタイプが馴染みやすく効果絶大。ヘアーメイクアップアーティスト長井かおりさんは、メイベリンVフェイスデュオスティックをブログでオススメしていました。

今海外で話題のピエロメイクに挑戦


使ったのはこちら

使ったのは右上のブラウンと左から二番目の真ん中のベージュをハイライト代わりに使いました

慣れてきたらハイライトとシェーディングだけでなく、チークその他のカラーも使えますよ。

2.シェーディング&ハイライトを顔に塗っていく

普段はBBクリームだけで1分でベースメイクを済ませてしまうというアン・ミカさんですが、パーティシーンではガッツリ実践しているそうです。今回は、ナチュラルメイクにも応用できるアン・ミカさんのコントゥアリング方法をご紹介します。

【ソフトシェーディング】
オデコの髪の生え際、顎、鼻先にチークとシェーディングを混ぜたものを乗せます。顔が小さく引き締まって見えますよ


【シェーディング】
頬骨下からオデコ両端、鼻筋から眉頭内側までをシェーディング。


【ハイライト】
目の下から頬内側の逆三角地帯はハイライト
眼の回りのCライン(ここが凹むと老けて見える)もハイライト
Tゾーン(おでこと鼻筋)、顎もハイライト

チークとシェーディングを混ぜた「ソフトシェーディング」を、おでこの髪の生え際、顎、鼻先に乗せます。「シェーディング」は、頬骨下からおでこの両端。鼻筋から眉頭内側までいれます。「ハイライト」は、目の下から頬内側、眼の回りのCライン。そしてTゾーンと顎に入れます。

3.ブラシorスポンジでぽんぽんと馴染ませていく

難しい方はスポンジでも◎ブラシには少し水を含ませとくとシェーディングの時伸びがよくなってやりやすいです

ハイライトとシェーディングを塗った部分をスポンジや筆を使って、ぽんぽんと馴染ませていきます。初心者の方は、スポンジの方が使いやすさ◎

シェーディングはスポンジよりブラシ派

ブラシを使う場合は、少し水分を含ませておくと伸ばしやすくなるそうです。

4.パーティで映える、外国人風・凸凹メリハリ顔の出来上がり

これを軽い色でナチュラルに陰影をつけていけば、骨格を強調しながらも彫りが出る顔に

面長さん、エラ張りさん、丸顔さんなど、個性によりチークや影の入れ方のポイントは変わりますが、


自分らしく綺麗に見える陰影を見つけてトライしてみて下さい

はじめはハイライトだけを実践するだけでも自然な凹凸が顔にでます

是非、うすーい色から試してみて下さいね

馴染ませたら、最後にフェイスパウダーでベタつきをなくし完成。さらに立体感を出したい場合は、その上からパウダーのハイライトとシェーディングをもう一度重ねてください。

顔の形別に。自分のコンプレックスをカバーできる最高のメイク方法

仕上がりは馴染みますのでご安心を(笑)私の悩みは顔が面長で、顔が長く見えやすいのでおデコとアゴに多めに濃いブラウンを乗せました

海外で流行しているコントゥアリングですが、実は、輪郭や凹凸の少ない顔に悩みが多い日本人にこそ最適なメイク方法。ナチュラルメイクに応用すれば、まるで元から凹凸のある美人のように、自然に立体フェイスを作る事ができますよ。

仕上がりはかなり小顔に見える仕上がりに

おデコとアゴにたくさん乗せたブラウンの部分はやはり、他の部分に比べ締まりよく見えます

メイクも外国人風に彫りを深めにしてみました

面長・エラ張り・丸顔など、輪郭や髪型によりチークや影の入れ方のポイントはかわりますので、自分の顔に合ったコントゥアリングを見つけてみてくださいね。

このほかにも芸能人のプライベートが覗けるAmeba芸能人ブログはこちらからご覧になれます。ぜひチェックしてみてくださいね。

◆Ameba芸能人ブログ

text : s

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend