日本でも続々!ラグジュアリーな”超贅沢キャンプ”「グランピング」が流行中

暑い夏こそ友達や恋人と楽しみたいのがキャンプ。ですが、テントや道具の準備やシャワーが浴びれないという不便さもあります。そんなキャンプの煩わしさを失くし、もっと手軽に快適に過ごせるキャンプスタイル”グランピング”が今世界で流行しています。

2014.07.31 更新

夏と言えばキャンプも楽しみのひとつ。

キャンプと言えばテントやコテージに泊まるのが通常ですが、真夏の蒸し暑い中シャワーも浴びず外に泊まったり、普段は目にしないような虫に出くわしたりと少し苦手意識を感じる人もいるかもしれません。

そこで登場したのが自然の中でもより快適にキャンプを楽しめる超贅沢キャンプ「グランピング」。今、世界でも日本でも流行中なんです!一体どのようなものなのでしょうか?

世界中で定着しつつある「グランピング」

グランピングとは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語。キャンプならではの自然環境のなかで高級ホテル並みの快適さやサービスを体験するという、贅沢なキャンピングスタイルのこと

出典 http://r25.yahoo.co.jp

自分でテントやキャンプ道具を用意することなく、設備の整った施設で快適にキャンプを楽しむことができます。

寝袋ではなくエアコン付きのベッドで寝たり、バスルームや食事も完備されている全く新しい形のキャンプスタイルです。

世界屈指の高級ホテルブランド、アマンリゾートグループの「アマニカス」も自然の中に贅沢なテントを設置したグランピングブランド。写真はインドのもの。

サンセットを眺めながら、ラクダに乗り大自然を味わうことも。

従来のキャンプには、“自然のなかで不自由さを楽しむ”というイメージがありました。もちろん、それはそれで魅力的なのですが、もっと優雅に自然を楽しむスタイルがあってもいい。それを叶えてくれるのが、ちょっと贅沢な『グランピング』です。

出典 http://r25.yahoo.co.jp

世界中のグランピングが集まったサイト『Go Glamping』では、世界各国の自然を快適に楽しめる場所を探すことができます。

日本でもグランピングが楽しめる

「これまでキャンプは躊躇していたけどグランピングなら楽しめそう!」という人に、日本でも続々と登場しているグランピングをいくつかご紹介していきます。

本格的なアメリカングランピングが魅力的『伊勢志摩エバーグレイズ』(三重)

宿泊するのは広大なキャンプ場内の池に面して建つログハウス。内部にはハンモックのあるリビングルームや大きなベッド、バスルーム、アメニティ付きの洗面台などが備えられている。さらに、プロの手によるベッドメイキングや朝食などホテル並みのサービスがあり、夕食は本格的なアメリカンBBQをレシピ付きで提供する。

出典 http://r25.yahoo.co.jp

外を眺めながらお風呂に入ることもできます。

伊勢志摩エバーグレイズのグランピングは2014年5月1日にオープンしたばかり。
カヌーに乗ることもできます。

離島で贅沢リゾートを堪能『アイランドキャンプヴィラ』(静岡)

海を見下ろす丘の上に立つコテージタイプの宿泊施設。 潮騒(しおさい)や海風の音を聞きながら眠り、海を五感で体感して頂くため、あえて屋根や壁はテント地にしてあります。二重構造の天幕に冷暖房完備で、フローリングの床とふかふかのマットレスは夏でも冬でも快適です。夕食も朝食も部屋まで運ばれる王様気分の贅沢さ。

出典 http://www.hatsushima.jp

都市型グランピング施設『ワイルドマジック』(東京)

WILDMAGICでは、アメリカビンテージテイストとラグジュアリーを融合させたデザインのキャビンに、ソファベッドやテーブルを設置し、通常のテントでは体験できない広々とした個室レストランのような空間と居心地を提供します。

出典 http://wildmagic.jp

手ぶらでバーベキューができることで話題となったワールドマジック。

ランチやディナーだけでなく、実際にテントで宿泊できるプランも人気の1つです。

贅沢なキャンプが味わえるグランピング。今年の夏はいつもとちょっと違うラグジュアリーな空間で自然を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    キュレーター募集