• 27歳からの、ビューティースポット

デスクワーカーさん、猫背が慢性化してるかも…。これができればOK「姿勢美人」✔リスト

2017.07.24

デスクワークさんを筆頭に、仕事中は立ちっぱなし…というひとも、疲労がたまってくると、つい猫背になりがち。
姿勢は良くも悪くも、約3分~5分間おなじ体勢をキープすることによって、身体が「これが正しい姿勢」と認識する、とインナービューティーインストラクターの松葉子さんは話す。
ふと気が付くと姿勢が悪くなっていて、肩が内側にきているなんてひとは注意。猫背が慢性化しているかも…。

間違った姿勢は、悪いことだらけ…?

松さんによると、猫背など間違った姿勢を続けていると、肩こりや腰痛の原因になりかねないのだとか。さらに、同じ体重のひとでも、姿勢の良いひと・悪いひとでは、悪いひとのほうが太って見えることも確か。早急に、姿勢を正しておきたいところ。

ただ背筋を伸ばすだけで良い姿勢かと言えば、そうではない。まずは正しい姿勢を知ることからスタートしてみて。

まずは、壁の前に立ってみて。真の「姿勢美人」✔リスト

壁を背にして、げんこつひとつ分の足を開いて立つ。後ろの壁にお尻・背中・後頭部をつけたときに、下記の項目ができているか✔してみて。

●足裏からの感覚で骨盤底筋群を意識できてる?
おしっことおならを我慢しながら、膣を胸まで吸い込ませるイメージ。膝裏を少し緩めて、太ももの力を抜いて。

●骨盤は床と垂直になってる?
骨盤前側の腰骨左右と恥骨の三角が床と垂直に。

●肋骨(ろっこつ)をななめ下に編み込ませるように締めてる?
みぞおちのきれいな角度は80~90度。

●胸の間にある硬い胸骨が持ち上がってる?
鎖骨の間がちょっと苦しくて、胸骨を使っている感覚。鎖骨を左右の方に肩を横にすうっと開き、おへその後ろに手のひら一枚分の空きがあること。

●あごの下と首の後ろに空きができてる?
あごの下には90度くらいの空きがあるか? りんごやオレンジが入るスペースをイメージ。首の後ろは指縦2本分の空きがあればOK。

最後に、背骨を上に伸ばす感覚を持つこと。
これらができるようになれば「姿勢美人」に近づけること、間違いなし!

最初はちょっと窮屈に感じるかもしれませんが、この姿勢を続けていくことで、自然と意識できるようになりますよ。

コメント: 松葉子さん

姿勢を正すことが良いのはわかっているけれど、気が付くと猫背になっているなんてひと、まずは壁の前に立ってチェックすることからはじめてみては? 続けていくことで、姿勢美人に大変身。まわりから「最近きれいになった?」なんて言われちゃうかも!

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子さん

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

supervised by

スポーツトレーナー/セミナー講師
松 葉子

インナービューティーインストラクター。運動の大切さと女性のカラダとココロのメカニズム、ビューティー理論を提供している。
by.Sチャンネル「27歳からの、ビューティースポット」で木曜日(隔週)配信中!

松 葉子に関連する記事

Recommend