• 旬は短し、試せよ乙女

モデルの肌がきれいな秘密はこれ。プロが絶賛「THREEのブラシ」が優秀すぎるんだって

2017.08.31

いまのトレンド肌といえば、ふわっと優しい光を放つツヤ肌。ツヤと光はあるのに表面はさらりとしていて、みずみずしい肌は永遠のあこがれ。

でも、季節の変わり目で肌のヨレやファンデ崩れが気になる…。モデルみたいな、均一できめ細かい美肌って、どうやったら叶うのかしら。#クボメイクでおなじみ、ヘア&メイクアップアーティストの久保雄司さんに、お悩みをぶつけてみた。

パフじゃなくて、ブラシを使うのが正解

パウダーの付属品でついてくるパフを使っていない? 実は、パフで粉を肌に固めてしまうと、化粧崩れしてしまったときに、汚い状態になってしまうそう。

久保さんがオススメするのが、ブラシを使ってふわっと乗せること。

「フェイスパウダーは、ブラシでふわっとやわらかく乗せるのがポイント。そうすることで、化粧崩れをしてもパフよりもきれいで肌の薄づきも艶やかになります」

コメント: 久保雄司さん

お人形のように、きめ細かい肌を手に入れたい

肌に直接触れるブラシは、肌あたりもよくて、安心なものを選びたいもの。久保さんが愛用しているのが、THREEのブラシ。

出典: ライター撮影

THREE カラー ヴェール ブラッシャー ブラシ ¥6,300(税込)

リス毛やヤギ毛をミックスしたブラシの毛触りは、敏感肌にも優しく心地よい、しっとりとやわらかな感触。毛先は、顔の局面に自然に沿って肌にフィットしやすい斜めのシェイプ。触れるだけでうっとりとする心地のよさ。

ブラシを使うことで、パウダーが肌の上に繊細なメッシュ状でのるため、キメ細かくやわらかな印象の肌が完成する。

パウダーをブラシでのせれば、厚塗りにならないから崩れにくく、簡単な化粧直しでキレイな肌に元通り。メイク崩れで悩むこの季節こそ、ぜひ試してみて。

取材協力/SIX 代表 久保雄司さん

Channelバックナンバー

旬は短し、試せよ乙女

配信日:木曜日(毎週)

トレンドのメイクテクや最新アイテムの取り入れ方を指南。

text : MIHO.S

supervised by

SIX 代表
久保 雄司

雑誌やWEBなどでヘアメイクとして活動し、全国でイベントを行う。2016年に『#クボメイク』(講談社)出版、17年には東京・表参道に美容室【SIX】をOpen!
by.Sチャンネル「旬は短し、試せよ乙女 」で木曜日(毎週)配信中!

久保 雄司に関連する記事

Recommend