「全身の○%」がSEXY見えの鉄則。大人たるもの、夏のHIT差し色”赤”を従えて美しく

2017.08.10

最近インスタパトロール中、目につくのが「赤の差し色使い」。トレンドでもある赤は、今年の夏のメインカラーといっても過言ではありません。でもあまり派手すぎるとオフィスでも浮いてしまうのが悩み。そこで、面積の小さい小物で赤を取り入れるテクニックをご紹介します。

赤は全身の1~2割を目安。小物で取り入れるのが大人流

去年から続いたピンクブームもそろそろ終盤に差し掛かっていますし、春から目立つイエローももはや定番。夏は赤がトレンドカラーでしたが、小物でさりげなく取り入れるのが大人女子のたしなみです。

真夏コーデの差し色は「赤を小物で」がレディ見せの鉄則

さっそくインスタグラマーの皆様が着ているpicをご紹介します。勿論、もともと皆様オシャレな方々ですが、それでもどれだけ赤が効いてこなれて見えるか、一目瞭然だと思います。

テク①~シンプルだからこそ赤が映える大人カジュアルコーデ

派手色のレッドを最も取り入れやすい方法が、バッグで取り入れる方法です。ブラックトップスにデニムというシンプルなコーディネートに、トレンド色の赤を投入するだけで一気に今年顔になりますね。

テク②~脚出しファッションは小物で視線を引き付けてスタイルアップを狙って

すらりとした美脚を披露しているこちらの方。アンクルストラップのサンダルは、足が短く見えないようにホワイトをチョイスして足首に境目を付けないのがポイント。目立つ赤バッグで上半身に視線を集めることで、スタイルアップ効果が狙えそう。

テク③~キレイ色のブルーはレッドの小物で品よくレディな印象に

カジュアルなダメージデニムと、女性らしい襟のデザインが特徴のブラウス。ボーイッシュになりがちなブルートーンのコーデは、レディな赤パンプスを投入することで、カジュアル過ぎずちょうどよいさじ加減になります。

テク④~おなじみデニムに白シャツ、耳元にパールを仕込んで今季らしくアレンジ

サラリとしたリネンシャツにロングのデニムスカートを合わせて、爽やかな夏コーデに。無地コーデにパイソン柄のベルトが映えて、オシャレ度をアップしてくれています。耳元のパールのピアスで、上品さをプラスして。

トレンドでもある赤は、今年の夏のメインカラーといっても過言ではありません。あまり派手ないように小物で取り入れるのが大人流でした。是非取り入れてこの夏のトレンドカラーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Written byまんぼう

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend