• 27歳からの、ビューティースポット

整体やエステ…忙しくて行けない! スキマ時間にもみもみ、どこでも簡単「耳もみ」のすすめ

2017.08.14

恋に仕事に、遊びに…と忙しい女性はとくに、疲労感を感じると整体やマッサージやエステなどでリフレッシュすることも多々。だけれど、癒しのスポットに行く時間もない! なんてときもあるはず。

そんなときに試してほしいのが「耳もみ」です、と話すインナービューティーインストラクターの松葉子さん。体のお悩み別に、耳もみのやり方をレクチャーしてくれた。

足裏同様、耳には全身の反射区となるツボがある。耳をもむことで頭から足先のツボを刺激して血行アップにつながるのだとか。

ちょっと強めの力で引っ張りながら、もむのがコツです。

コメント: 松さんコメント

「耳もみ」の基本のやり方をチェック

気になる、耳もみ。実は、耳を引っ張りながら強めの力でもむだけの簡単なもの。

痛気持ち良いと感じるくらいの力で、もんであけるのがポイントです。

コメント: 松さんコメント

耳を触ったときに、耳が硬くなっているひとは体が凝っている証拠なのだそう。気づいたときに耳全体をもんでみて。しばらく、もんでいると体がポカポカと温かくなるのを実感できるはず。

体のお悩み別・耳もみポイントはここ!

全身のツボが集まっている耳。不調を感じているところを重点的にもむことで、お悩みが緩和するのだそう。耳たぶのほうが頭で耳の上のほうが足に対応している。以下のようなお悩みがあるひとは、写真にあるポイントを意識してもんでみて。

出典: 編集部撮影

●目の疲れ・頭痛……A
●肩こり……B
●食欲を抑える(飢点というツボ)……C
●腰こり……D

飢点は食事の15~20分前にもんでおくと、食欲を抑える働きがあるからダイエットにつながるとのこと。

気づいたときに、耳をもむだけという簡単テク。お手軽なのに、効果を実感しているひとも多いのだそう! 冷え性のひとは、とくに多めにもんであげるのがおすすめ。忙しくて、癒しのスポットへ行けない…なんてひとは、一度「耳もみ」を試してみては?

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子さん

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

Recommend