• 巷のビューティー神話にご用心。

“没頭できない女性”が増えている? 病気からSEX体位まで「性交痛」が起きる3つの理由

2017.09.06

ひとには言えないけれど、SEXが楽しめていない…実は、そんな「没頭できない女性」が増えているのだとか。産婦人科医の宋美玄先生によると、痛みが起きる場所によって、さまざまな理由があるとのこと。その原因をチェック。

その1 “膣の入り口が痛いひと”に足りないのは「興奮」

まずは「膣の入り口」が痛いタイプ。SEXがはじまる前から、恐怖心や緊張を感じやすい女性に多いと宋先生。

入り口が痛い時は“十分に興奮できていない”ことが多いです。女性は興奮するとペニスを受け入れられるように、子宮の入り口がふわっと開いて、潤滑液が出てくるので痛みが起きにくくなります。

コメント: 宋美玄先生

また、痛いんだろうな…とSEXに夢中になれず、ビクビクするから痛む。その悪循環が「性交痛」につながっているのかも。産婦人科では、入り口を広げる「ダイレーター」による治療や、SEX中のアドバイスなどを受けることができる。

その2 “奥が痛いひと”は「体位」を変えてみて

次に「膣の奥」が痛いとき。ヒリヒリしたり、部分的に痛かったりすると「こんなに痛いのはどうして…」と、悩んでいるひともいるのでは?

奥の痛みは、性感染症や子宮筋腫、子宮内膜症の疑いがあります。骨盤の中で出血していると、排便痛や性交痛が起きやすいですね。あとは、子宮が背中側に傾いている“子宮後屈(こうつく)”の可能性も。念のため、婦人科で調べてもらうと良いでしょう。

コメント: 宋美玄先生

また、これまでに手術を受けたことがあるひとも、奥の痛みを感じることがあるのだそう。そこで、角度を変えるなどの「体位」を工夫することで、解消されることもありますよ、と宋先生。

その3 AVの影響を受けた、男性優位になってない?

病院に行ったら「筋腫も内膜症もありませんよ」と言われ、根本の悩みは解決されることなく終わらせてない? 性交痛に悩む女性のなかには、彼の要望に応えようと頑張っているひとも多いよう…。

SEXすると痛いんです、という患者さんをたくさん診てきましたが、経験から言うと病気ということはまれです。それよりも、AVの普及とともに男性から要求されていることが多すぎます。女性がSEXで必ずイクなんて、AVの世界だけの出来事ですから。

コメント: 宋美玄先生

これが普通のこと、きっと私が変なんだ…。その思い込みが、SEXを楽しめない原因になっていることも。痛みをがまんしてしまったり、男性に真面目に応えようとしているあなたも、まずはその「当たり前」の思い込みを変えることからはじめてみて。

取材協力/産婦人科医 宋美玄先生

Channelバックナンバー

巷のビューティー神話にご用心。

配信日:水曜日(隔週)

巷のビューティー神話に、産婦人科医の宋美玄先生がお答え。

supervised by

産婦人科医 医学博士
宋 美玄

大阪大学医学部医学科卒業後、同大学産婦人科に入局。“カリスマ産婦人科医”として女性の悩み、セックス、性や妊娠などについて女性の立場から積極的な啓蒙活動を行う。
by.Sチャンネル「巷のビューティー神話にご用心。」で水曜日(隔週)配信中!

宋 美玄に関連する記事

Recommend