• オーラ放つ、ゆるぎないもの

流行リブニット、おデブ&こダサく着てない? スタイルがよく見えるリブニットの着かた

2017.10.06

昨年から一気に秋冬の顔になるつつある“リブニット”。縦に筋が入って収縮性に富んだ編み方になっているから、着やすさ抜群でスタイリッシュにキマると大人気。でも、体型がでやすいデザインでもあるみたい…。パーソナルプロデューサーのikkoさんにリブニットをスタイル良く着られるコツを聞いた。

# INして着るのが鉄則。リブの縦ラインを死守せよ

出典: イラスト/greenK

ikkoさん、実は“リブニット”ラヴァ―。色々と買うなかでも、スタイルよく見せるコツは外さないようにしてるんだとか。

まず、第一に大切なのが、“INして着る”ということ。リブは横に伸びるから、縦のストレートなラインは崩れがち。どうしても腰部分やボトムスとの境目でリブが広がってしまうもの。それこそがこダサく見えている原因。ハイウエストのパンツやスカートを合わせて、リブのストレートが変化しないところでINして着るのを心がけて。

# ぶ厚めリブより薄手が今っぽ。膨張は避けるが勝ち

リブは、編みがしっかりしているから、縦のラインですらっと見せつつも素材としては厚みが出てしまいがち。ごわごわして着ぶくれしてしまう恐れが。なるべく薄手のものを選んでぴったりめに着る」のがikko流。自分にあったジャストサイズを探して。

# ジャストサイズは、“肩”で測るべし

出典: イラスト/greenK

とはいえ、自分にあったジャストサイズってどうやって判断するの…? サイズの判断方法は、いたって簡単。

ポイントは“肩”。肩とリブニットの袖の切り替えしの部分を合わせてぴったりのものが◎。肩より内側に入ってしまうと二の腕がパンパンに、肩から外までの大きめサイズでもかえって腕が太く見えてしまうことも。一度着てみて自分の肩とサイズが合うか確認するのがおすすめ。

この秋冬、登場間違いなしの“リブニット”の着かたは、ばっちり? 同じ服を着てるはずなのに、格段に今っぽくてスタイルよく見えるテクニックをマスターして、周りと差をつけよ。

取材協力 パーソナルプロデューサー/ikko Masuda

Channelバックナンバー

オーラ放つ、ゆるぎないもの

配信日:金曜日(毎週)

洗練オーラの源、“ゆるぎないもの”を探る。

text : by.S編集部

supervised by

パーソナルプロデューサー
ikko Masuda

モデル育成や学生ファッションショーの総合ディレクター。アパレル経営・プロデューサーも務め、私服や手がけるアイテムに見られる圧倒的なセンスにファンが後を絶えない。
by.Sチャンネル「オーラ放つ、ゆるぎないもの」で金曜日(毎週)配信中!

ikko Masudaに関連する記事

undefined

Recommend

undefined