ひと工夫で差がつく、すぐ使える。オトナ女子の”ポニーテール簡単アレンジ技”

見た目も体感も涼しく、好感度も◎なヘアスタイル「ポニーテール」。さっと結ぶだけで簡単に、さらにひと工夫で可愛く華やかに変身できるポニーテールのコツやアレンジ方法をまとめました。

2014.08.04 更新

男女問わず好感度の高いヘアスタイル『ポニーテール』。一つに結ぶだけ…ではなく、ひと工夫することで周りに差を付け、ぐっとオシャレに可愛くなれるのです!
今回はオトナの女性にぴったりで、普段の装いやサマードレス、浴衣にも似合うポニーテールの簡単アレンジ術をご紹介します。

まずは、一言でポニーテールと言っても一体どんなアレンジがあるのか?有名人のヘアスタイルから紐解いていきましょう。

ローラ

適度なラフ感の無造作ポニーテール。

トリンドル玲奈

ゆるふわでレディなポニーテール。

小嶋陽菜

毛先や顔周りの髪を巻いて、華やかに。

テイラー・スウィフト

後ろはすっきり、前髪は斜めに流して巻くことで技ありなスタイルに。

ミランダ・カー

前髪はオールバック、毛先はゆるく巻いた大人なポニーテール。

ブレイク・ライヴリー

ふんわりとボリューム感を出したエアリーなポニーテール。

まずは、ポニーテールの基本から

出典 YouTube

まず髪を結ぶ前にやっておくことは、髪全体をランダムに巻くこと。パーマをかけている場合は、ブローなどでそのパーマをきちんと出しておくこと。これだけで、その後のアレンジのしやすさが違います。

1.髪全体にヘアワックスを付ける
2.髪を上下に分けて、上の毛束を結ぶ
3.下の毛束を、結んだ上の毛束と合わせて結ぶ

結ぶときに髪を上下に分けることにより、髪の重みでポニーテールが崩れることを防げます。動画で見ると、より分かりやすいです。

また、ポニーテールを作るときのポイントは、

・結ぶときにクシは使わず、手グシでざっくりとまとめる

・耳周りもきっちりまとめず、少しだけ耳にかかる分を残しておく
・トップの髪を少しずつつまみ出して、ボリュームを出す

ぴったりしすぎず、ふわっと適度なラフ感を演出する。これがトレンドなポニーテールの作り方です。まずはこの基本を覚えましょう!

基本ができたら、次はアレンジに挑戦してみましょう。簡単に髪型が決まるアレンジ方法をご紹介します。

リボンで簡単アレンジ

結んだポニーテールに、リボンモチーフのアクセサリーをつけるだけ。リボンといえば可愛らしいイメージですが、形や色を選べば大人な雰囲気にも♥

大きめヘッドアクセで存在感◎

大きなお花やレースなどのヘッドアクセサリーをつければ、パーティにも行けそうな豪華なアレンジに。

バナナクリップで挟むだけ

結んだゴムが見えないように、結び目をバナナクリップで挟んで留めるだけ。

編み込みをプラス

サイドの髪を編み込みにして、他の毛束と一緒に結ぶワザ。おしゃれ度が一気に上がります。

フィッシュボーンで外国人風

きっちりよりは、ゆるめに編んでくしゅくしゅにさせたほうが可愛いフィッシュボーン。海外セレブのようなこなれ感が出せます。

くるん!とねじるだけ

結び目の上に毛先を通して、くるん!とねじるだけでもこんなに華やか。編み込みやフィッシュボーンが難しい…という方にもオススメ。

いかがでしたか?今日からすぐに始められるポニーテールの簡単で大人なアレンジで、周りに差をつけちゃいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    キュレーター募集