「先生、歯みがきでどこまで白くなれますか?」審美歯科医に聞くホワイトニングのリアル

PR:第一三共ヘルスケア

仕事中や友達とおしゃべりしているとき、ふと「自分の歯って大丈夫?」「最近黄ばんできてるかも…」と思う。今年30歳を迎えたライターKが、そんな不安を払拭するべく、審美歯科医の先生にインタビュー。自信のある口元を手に入れることはできるのでしょうか?

セルフケアでも白くなれるの?審美歯科医にインタビュー

お答えいただいたのは、「デンタルケア JEWEL WHITE CLINIC 広尾」院長の登坂万喜先生。アラサー世代のホワイトニング事情について、リアルなお話をお聞きしました。

# 歯の黄ばみ=老け見えに!? アラサー女子が白い歯を保つべき理由

出典: Svitlana Sokolova/Shutterstock.com

ライターK:クリニックを開業されて6年目ということですが、ホワイトニングを受ける女性は増えているんでしょうか?

登坂先生:年々需要が高まっていることを実感しています。幅広い世代の患者さんがいらっしゃいますが、特に30代女性の割合は多いですね。

ライターK:私も今年30歳になって、自分の歯の色が気になることが増えたんです。

登坂先生:
加齢変化の一環で、20代のころは気にならなかった「黄ばみ」が出てくるのが30代なんです。また、ビジネスシーンでは責任が増えて、人前で話す機会も増える年代ですよね。そうすると、口元はもっとも目につく部分。顔の中で「白い」と感じるのって、白目と歯だけなんです。その二箇所に白さがあると若々しく、好印象を与えやすいんですが、逆に黄ばんでいると“老け”を感じさせてしまいます。

ライターK:なるほど…。歯を白くすることは、エイジングケアにもなるということですね。

# 1日3回磨いているのに…きれいに見えないのはなぜ?

出典: Mikhail_Kayl/Shutterstock.com

ライターK:もちろん歯みがきはしっかりしているつもりなんですが、最近どうもくすんでいるな…と感じるんです。原因はなんでしょう?

登坂先生:原因はふたつあって、ひとつは先ほどもお話したように、加齢による黄ばみ。これを白くするには、クリニックでしか扱えないお薬でのホワイトニングが必要になります。もうひとつは着色汚れ。歯みがきで取り除けなかった汚れが塊になり、そこに食べ物や飲み物の色素が付着することで、どんどん歯ブラシでは取りづらくなってしまうんです。

ライターK:そうなってしまうと、ホームケアでは無理?

登坂先生:着色汚れをきれいにしたいなら、クリーニングを受けたほうがいいですね。そもそも、ホームケアとクリニックでは目的が違うんです。クリニックに通うのは、「持って生まれた歯よりも白くしたい」という方が中心。まずは着色汚れをオフして、自分の本来の歯がどんな色なのかを知ってから、ゴールを設定するのがいいと思います。

ライターK:まずは毎日のホームケアで、汚れを溜め込まないことが大切なんですね。

# ゆすぎすぎはNG!意外と知らない「正しい歯みがき」

出典: bbernard/Shutterstock.com

ライターK:日々の歯みがきで特に気をつけることはありますか?

登坂先生:強くみがきすぎるのは逆効果。適切な圧をかけないと、効率よく汚れが除去できないだけでなく、歯を傷つけてしまう恐れもあります。かたい歯ブラシでゴシゴシ擦って、なんとなくきれいになった気がしてしまうのは危険ですよ。

ライターK:
まさに、かたい歯ブラシでみがいていました…。歯みがき粉についてはどうですか?

登坂先生:ホワイトニング用を選ぶことはもちろんですが、それだけではなく、歯の健康も気にするべき。30代の8割が歯周病予備軍といわれているので、危機感を持ったほうがいいですね。他にも、むし歯、知覚過敏、口臭など、目的にあった歯みがき粉を選ぶことが大切です。

ライターK:せっかく白くなっても、むし歯や歯周病があっては台無しですもんね。

登坂先生:
それから意外と知られていないのは、口をゆすぎすぎないこと。歯みがき粉の味が残るくらい軽くゆすいで、歯みがき粉の成分をしっかり作用させてあげましょう。

ライターK:ありがとうございます。さっそく今日から試してみたいと思います。

出典: sun ok/Shutterstock.com

アドバイスを元に、まずはホームケアを見直すことにしたライターK。お悩みに合った歯みがきをチョイスしました。

美白+αのセルフケア。『シティース ホワイト』をお試し

今回お試ししたのは、『シティース ホワイトシリーズ』。歯を白くするだけでなく、その他のお口のトラブルもケアできる、美白高機能歯みがきです。

特徴は、3つの美白アプローチ。「トリプルステインオフ処方※1」で着色汚れを浮かせて落とし、さらに微粒子クリーニング成分β-TCP(リン酸三カルシウム)が細かい汚れや歯垢を清掃。再石灰化を促進し、歯の表面を強くなめらかにすることで、むし歯を予防します。

※1 ヤニ除去成分3種配合(ポリリン酸ナトリウム、PEG-8、ポリビニルピロリドン)
※(シティース ホワイトシリーズの考える美白とは、その人の歯が本来持っている自然な白さに近づけることです。)

出典: Life morning/Shutterstock.com

お悩み別ラインナップは、スッキリミント味の「+歯ぐきケア」、エクストラミント味の「+口臭ケア」、サニーグリーンミント味の「+むし歯ケア」、ピンクグレープフルーツ味の「+しみないケア」の4種類。美白だけではない、お口のお悩みに応えてくれます。

むし歯も気になるライターKは、グリーンの「+むし歯ケア」をチョイスしてお試し。使ってみた感想は?

ちょうどいい泡立ちで、隅々までしっかりと磨ける感じがしました。先生に「あまりゆすがないほうがいい」と教えていただいたので、味がまずいと嫌だなぁ…と思っていたのですが(笑)すっきりしたフレーバーで、後味も◎。まずは自分の「本来の歯の色」を取り戻すために、正しい歯みがきを続けたいと思います。

今ならこちらの『シティース ホワイト +むし歯ケア』が、抽選で当たるチャンス。この機会にぜひお試ししてみて。
応募締め切り:2017年10月末日

出典: Y Photo Studio/Shutterstock.com

アンチエイジングの第一歩は、オーラルケアが正解かも。あなたも今日から意識して、思い切り笑える白い歯を手に入れましょう。

Sponsored by 第一三共ヘルスケア株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。