• ベジ活はじめます

整腸・むくみ予防・美容効果まで…? いまが旬「イチジク」を使ってつくる簡単レシピ2品

2017.09.27

ドライフルーツ、イチジク入りパン、サラダなど、イチジクの商品をよく見かけるようになった。とはいえ、あまりイチジクについて知らないというひとも多いのでは? 実は、イチジクは甘くておいしいだけではなく、栄養たっぷりで体にいい食材としてプロの間では重宝されているのだとか。

そんなイチジクを使った、おすすめのレシピをベジ活アドバイザーの生井理恵さんに教えてもらった。

甘いだけじゃない。女性にうれしい栄養素がたっぷり

イチジクにはどんな栄養素が含まれ、どんな効果が期待できるの…? 代表的なイチジクの栄養素とその効果を生井さんに聞いてみると…。

【整腸】
腸の働き活性化する水溶性食物繊維のペクチンを多く含み、便秘解消に効果的といわれている。また、水溶性食物繊維は食後の血糖値を安定させてくれるとのこと。

【高血圧・むくみ予防】
高血圧予防やむくみ予防に効果的なカリウム、貧血予防に効果的な鉄分など、豊富なミネラルを含んでいる。

【美容】
美容に欠かせないビタミンB1・B2・B6・Cに加え、アンチエイジング効果が期待できるポリフェノール、メラニン色素を抑えるザクロエラグ酸、ホルモンバランスを整える植物性エストロゲンが含まれている。

【消化促進】
消化を促進するとされるたんぱく質分解酵素のフィシンが含まれている。

こんなに体にいいことだらけのイチジク。生でそのまま食べてもおいしいけれど、もっとおしゃれに、もっとおいしく食べたい! そこで、生井さん直伝・簡単につくれるイチジクレシピをご紹介。

朝からおしゃれに。「イチジク×マスカルポーネのスティックサンド」レシピ

出典: 編集部撮影

材料
イチジク 2分の1個
パン ※6枚切り 2分の1枚

(A)
マスカルポーネチーズ 大さじ1
はちみつ 小さじ2分の1
シナモンパウダー 適宜

つくり方
①食パンを5㎝幅にカットしトーストに。

②混ぜあわせた(A)を①に塗る。

③イチョウ型に切ったイチジクをのせる。

④お好みでシナモンパウダーをかけたら完成。

ダイエット中の人は炭水化物を避けがちですが、朝はやはり炭水化物を食べることのがおすすめ。これなら簡単につくれるので、忙しい朝でも食べやすいですよ。イチジクの甘みでデザートにもなりますよ。

コメント: 生井理恵さん

出典: 生井さん提供

盛り付けやレパートリー次第で、パーティーメニューに早変わり。お友達を自宅に招いて、おもてなししてみては?

甘さと塩っ気が絶妙なハーモニー。「イチジク×生ハムのサラダ」レシピ

出典: 生井さん提供

材料(つくりやすい分量)
イチジク 1個
生ハム  3〜4枚
ルッコラ 好きなだけ

(A)
バルサミコ酢、はちみつ、オリーブオイル 各小さじ1
塩 適宜

つくり方
①イチジクの皮を剥き、ヘタを切り、食べやすい大きさに切る。

②ルッコラを一口サイズに切る。

③イチジクを生ハムでくるむように盛り付け、ルッコラをのせる。

④混ぜ合わせた(A)をかけたら完成。

材料を切って混ぜるだけの簡単レシピです。生ハムの塩気で味付けは特にしなくてもいいのでズボラメシとしても知っておきたいですよ。おしゃれ感があるので、「料理ができるな」と思わせたいときに役立ちます。彼メシやパーティにも使えますよ。

コメント: 生井理恵さん

一年中いろいろな食材が購入できるようになってきてはいるものの、やっぱり旬の食材を食べるのが一番! 栄養たっぷりのイチジクは、いまが旬。簡単レシピでよりおいしくイチジクを召し上がってみては?

取材協力/ベジ活アドバイザー 生井理恵さん

Channelバックナンバー

ベジ活はじめます

配信日:水曜日(月1)

野菜と果物の持つパワーや、簡単にできるおすすめレシピを伝授。

supervised by

ベジ活アドバイザー
生井 理恵

野菜と果物を中心とした賢い食事で女性のキレイと人生をプロデュース。セミナー講師、コラム執筆やレストランとのコラボレーション料理教室など、多岐に渡り活動中。
by.Sチャンネル「ベジ活はじめます」で水曜日(月1)配信中!

生井 理恵に関連する記事

Recommend