プロが現場で使ってる「ツヤ肌」鉄板メイクテク。今どきコスメで女優並・肌美人に

2017.10.05

まるで内側から発光しているかのようにうるおった「ツヤ肌」。ナチュラルでみずみずしさのあるツヤ肌作りのHow toを編集部が伝授。美容のプロにたくさん話を聞いてきた、知見を活かして、いま流行のコスメを使って簡単にツヤを出せるメイクテクニックをご紹介。

プロも絶賛。ツヤ肌メイクアップに必須な編集部おすすめ2アイテム

出典: 編集部撮影

・シンクロスキン グロー クッションコンパクト (レフィル) 
 全3色 SPF23 PA++12g 各¥4,300(税抜)/SHISEIDO
・シンクロスキン グロー ケース (クッションコンパクト用)
 ¥1,200(税抜)/SHISEIDO
・パフ (クッションコンパクト用)¥500(税抜)/SHISEIDO
[お問い合わせ] 資生堂インターナショナル ☎0120-81-4710

いつでも瞬時に肌にうるおいを与え、いきいきとしたツヤのある肌へ仕上げてくれる「クッションファンデーション」。アドバンストセンシングテクノロジーで美しい仕上がりを長時間持続させ、天然植物成分で乾燥や紫外線から肌を守ってくれる。

出典: 編集部撮影

ザ マルティプル 1501N ¥4,800(税抜)/NARS
[お問い合わせ] NARS JAPAN ☎0120-356-686

『ザ マルティプル』は、アイシャドウ、チーク、リップ、ボディーなどにマルチに使えるNARSのオリジナルスティック。1501Nは肌馴染みのいいカラーと細かなパールで、特にハイライトに適していて、ナチュラルでゴージャスなツヤ肌にみせてくれる一品。

プロが手掛けたかのようなツヤ肌。メイクで叶える方法とは?

つるんと健康的な印象で、夜まで乾燥しらずの真のツヤ肌をメイクで叶える方法は大きく3つ。

①うるおいを保つ下地を手に入れる
②クッションファンデーションを使う
③ハイライトを仕込む

保湿成分やパールを使って、素肌が潤っているかのように見せるのが、ツヤ肌づくりの肝。続いて、定番とも言えるクッションファンデを使った方法と、ハイライトで作れる簡単な方法をご紹介。

もはやツヤ肌メイクの定番。賢い女は「クッションファンデ」を選ぶ

出典: 編集部撮影

今やツヤ肌作りの定番となっているのが、クッションのなかに液体ファンデーションを染み込ませたクッションファンデーションを使った方法。今回は、「ツヤ肌になる!」と話題の資生堂『シンクロスキン グロー』を、編集部で実際に試してみた。

出典: 編集部撮影

スキンケアで肌を整えた後、付属のパフでファンデーションをぽんぽんと軽くつけると、ファンデーションが肌にしっかりと密着しているのが、一目でよく分かる。さっとひと塗りしただけで、シミやにきび跡などの粗も消し去ってくれた。

クッションファンデって、カバー力がなく、使い方が難しいイメージでした。でもこれは、薄づきでもカバー力抜群。厚塗りにならずに、ムラなく均一に肌にのせられました。もちろん、ツヤ感も申し分ないです!

コメント: 編集部コメント

出典: 編集部撮影

カバー力は抜群なのに厚塗りに見えないので、ナチュラルでツヤのある肌が完成。内側から発光するかのようなしっとりとした肌になったおかげで、若々しくハリも◎。つけ心地が軽く、何度もパフで顔を往復させることなく、短時間で仕上がったのも高ポイント。

プロ並の仕上がりをササッと。メイクで手軽にツヤ肌を叶えるなら「ハイライト」

出典: 編集部撮影

「もっと手軽にツヤ肌を作る方法はないの?」という方におすすめしたいのが、スティックタイプのハイライト。外出先でも簡単にツヤ肌が作れる一品で、ツヤだけでなくメリハリある立体感ある顔作りにも最適。今回は、「簡単にツヤ肌が作れる!」と話題のNARS『ザ マルティプル』を、編集部で実際に試してみた。

出典: 編集部撮影

リップスティックのように回し出し、ツヤを出したい部分に、直接、または指にとってのせていく。ポンポンと指先で馴染ませていくのが、自然なツヤ肌を作るポイント。

出典: 編集部撮影

スティックハイライトをTゾーンや頬の上にのせると、ツヤ感だけでなく顔全体の立体感もアップ。上品な細かなパールが、内側から発光するような肌を演出してくれる。

細かいパールが、理想のツヤ肌を作ってくれました。スティックタイプのハイライトは、ファンデーションの上からだとヨレてしまう印象でしたが、このハイライトはサラっとしていて、パウダーファンデーションの上から使ってもヨレにくいですね。

コメント: 編集部コメント

持ち運びやすいスティックタイプなので、外出先でも手を汚さずにツヤ肌を蘇らせることができるのも高ポイント。これは一度使ったら手放せなくなりそう。

映画で活躍するような女優たちだって、元からツヤ肌なわけではありません。今回紹介したプロ仕込みのメイク術をマスターすれば、街で誰もが振り返るようなオーラを纏ったツヤ肌美人に、一歩近づけるかも。

text : s

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend