• 運命を変える眉メイクlesson

その眉が印象を薄くしている?「記憶に残らない女」になってしまうNG眉の特徴

2017.09.25

仕事でもプライベートでも、一度会っただけなのに印象に残る人っているもの。人生一度きり、出会いは大切にしたい。「また会いたい」と思わせる“記憶に残る”女性は、眉も人と違うみたい。美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんが、記憶に残らない女にならないための眉テクニックを教えてくれた。

印象の薄い女は、“色薄&明るすぎる眉”

玉村さんによると、記憶に残らない女性になりやすい人は、「眉色が薄い、または明るすぎる女性」なんだとか。眉は表情を作るパーツ。眉色がぼやっとしていると、印象もぼやけてしまうそう。色の薄い眉毛も人気だけど、その眉毛があなたの印象も薄くしてしまっているかも。

眉の色の基本は、“髪色よりも1トーン上”

基本的に、眉の色は髪色よりも1トーン明るい色がおすすめ。薄めに仕上げたい場合は髪色よりも2トーンまで。

普段ナチュラルメイクだから、眉をほとんど描かないという人も気を付けて。しっかり眉さんでも、描かないと印象薄でぼんやりした表情に感じられてしまうかも。

しかし、ナチュラルメイクの人が眉だけしっかり描くと眉が悪目立ちしてしまいがち。では、普段ほとんど眉を描かないナチュラルメイクの人が、眉だけ描いて浮くのを防ぐためのメイクテクって…?

色は、“黒目の上部分のみ”に乗せるべし

普段ほぼ眉を描かない人必見の、眉メイクをご紹介。

アイブロウパウダーをブラシにとり、"眉の黒目の上部分のみ"に軽く色をのせる。ブラシを左右に小刻みに動かし、眉毛と眉毛の間の隙間を埋めるように色をのせるのがポイント。

黒目の上部分に色を足すことで目ヂカラがアップ。表情がイキイキして見えることで印象的な顔立ちに。

まさか眉の色が、印象の薄さを引き出していたとは…。「お久しぶりです」と言って「?」という顔された悲しい経験ってあるよね。どんな相手にも好印象で記憶に残る女性でいるには、眉色に気をつけよ。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

玉村 麻衣子に関連する記事

Recommend