• 27歳からの、ビューティースポット

脚がパンパン、体が重い…。簡単ストレッチ+めぐり習慣で「秋むくみ」に打ち勝つ

2017.09.28

秋は意外とむくみが出やすい時期というのをご存知?
むくみが起こるのは、何らかの原因で血液やリンパの流れが悪くなるからなのだとか…。その原因には、さまざまなことが考えられるけれど、秋だと夏に冷たいものを摂りすぎた影響や、夏の延長で薄着でいることで体が冷えたり、昼夜の寒暖差で体の機能が低下していたりといったことが考えられる。

そこで、インナービューティーインストラクターの松葉子さんに、「秋むくみ」を解消するための、簡単ストレッチ体のめぐりをよくする習慣を教えていただいた。

いつでも・どこでも・誰でも、“簡単ストレッチ”をチェック

立ち仕事でもデスクワークでも、夕方になるとふくらはぎがパンパンというひとが多いはず。めぐりが滞りやすいのは、血管が細かったり心臓から遠い末端。重力で下に溜まりがち。意識的に足元を動かすようにしてみて。

そんなときにおすすめの、座ったままできる簡単ストレッチを伝授。

①かかとを床につけ、足裏を内側・外側に見せる。このとき、膝は動かさないこと。
二分音符の指揮をしているようなイメージで行うと◎。

②①の動きを2分ほど繰り返す。

たったこれだけでOK。どこでも簡単にできるので早速トライしてみて。

膝下のインナーマッスルの活性化で、リンパのめぐりも良くなるのです。

コメント: 松葉子さん

簡単なことだけれど、毎日続けると体に変化が出てくるのでぜひ続けてみてくださいね。

コメント: 松葉子さん

“体のめぐりをよくする習慣”って、例えばどんなこと?

体のめぐりをよくする基本は、軽い運動と温めること。例えば、ひと駅前で降りて歩く、エレベーターやエスカレータを使わず階段を使う、これだけでもOK。また、同じ姿勢でずっといることがむくみにつながるから、気づいたときに伸びをするなどもおすすめ。

さらに、冷たいものをたくさん摂らないようにすること。白湯(さゆ)を飲むことも、めぐりをよくする効果が期待できるのだそう!

そして歩くときには、“カツオウォーク”を意識しましょう。

コメント: 松葉子さん

難しいことをしなくても、ちょっとしたストレッチや習慣でめぐりのいい体へとなっていくはず。まずはどれかひとつでも、続けることからはじめてみて。それから習慣化していくのがキレイへの近道。一年中むくみ知らずの体をつくりましょ。

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子さん

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai
undefined

Recommend

undefined