• by.S Closet

OL御用達“ネイビー服”、プロ技「トラッド振り」「白サンドウィッチ」で華ある新しさをGET

2017.10.04

Webデザイナーのユカ(32)。広告やカタログ制作を手がける中規模のデザイン事務所勤務。自由な社風で、個性的な先輩が多く、自分らしくいられる環境がありがたい。

朝、クローゼットの前でのお悩みタイム。

ユカ『さぁ、今日はデザインコンペの日! 緊張するけど、今日のために頑張ってきたから上手くいくといいな。

クライアントさんもいるから、きちんと感出さないとだよね。となると、やっぱネイビーかな? 地味すぎ?

あっ。イエロースカートがある! 風水的にもラッキーカラーだしね。でも張り切りすぎに見えちゃうかな…』


ネイビー×イエロー。コントラスト強めなこの2色、組み合わせるのはありなのか? 組み合わせるとしたら、上手に着こなすポイントは? そんな疑問を、色使い上手なスタイリスト・亀恭子さんが解決します。

「×イエロー」で、地味ネイビーをトラッドに振る

イエローは
×ベージュで合わせるとまろやかに仕上がって
×ブラック でモードになったり
×グレー でカジュアルに着れたり
×ネイビー で少しトラッドな雰囲気に

出典: https://ameblo.jp

カラーコーディネート次第で、雰囲気を変えてくれる、それがイエロー。もちろん、定番色とも相性よし。ネイビーと合わせるときは、トラッドなニュアンスで着こなすのがコツとのこと。

スマートな印象を作るネイビーは、OLの御用達カラー。ただ、組み合わせを間違えると、老けて見えたり、無個性な地味スタイルになるのも事実。イエローとの組み合わせで、フレッシュ感のある仕上がりになります。

ネイビーシャツで、首まわりに抜けを

ユカ『イエロースカートとの組み合わせるなら、どんなネイビートップスと合わせたらいいの?

タイトなトップスではなく、シャツがおすすめです。ネイビーシャツのボタンを開け、デコルテを見せる感じに着こなすと、首まわりに抜け感が作れます。この抜け感を作ることで、垢抜けたコーディネートに。

トラッド感のあるネイビーシャツを、上手な肌見せで抜け感ある着こなしに仕上げることがポイントです。

ネイビーアウターには「白サンドイッチ」が有効

これからの季節、紺ブレザーやジャケットなどアウターの登場回数も増えてくるはず。

ネイビーのアウターを羽織るときは、インナーとなるトップスを白にして、肩掛けするのも素敵です。そうすると、配色でトラッドテイストが楽しめます。

シックなネイビーとボトムスの間に、白をサンドイッチ。白を差し込むことで、抜けも生まれ、好印象なトラッドスタイルの出来上がり。

大切な日には、地味にならないネイビースタイルで勝負! ネイビーの知的イメージにあやかって、上司の信頼も獲得できちゃうかも。

取材協力 スタイリスト/亀恭子

Channelバックナンバー

by.S Closet

配信日:水曜日(隔週)

働く女性の朝イチ、クローゼット前の「何着ていこう?」お悩みを解決。

text : 丸山彩

supervised by

スタイリスト
亀 恭子

女性ファッション誌『CanCam』からデビュー。半歩先のお洒落を取り入れたリアルクローズを提案する、同世代の女性から圧倒的支持を集める人気スタイリスト。
by.Sチャンネル「by.S Closet」で水曜日(隔週)配信中!

亀 恭子に関連する記事

Recommend