付き合うべき人を“即決”できる月? 九星気学にみる、10月の運勢と開運術を✔

2017.10.01

気になる10月の運勢…。九星気学でみると、今月は「恋愛」「仕事」「将来」など、あらゆる物事での、“選択”に迷わない月なのだとか。気学鑑定士でビューティージャーナリストの中嶋マコトさんに、今月の運勢開運術について詳しく聞いてみた。

なんと、10月は“1年”のなかで最も●●が高まる月…?

今年の10月は、1年で一番、感性が高まる・研ぎ澄まされる月です。

コメント: 中嶋マコトさん

感性が研ぎ澄まされることでのメリットは、付き合うべきひと(同性、異性問わず)、取り入れるべき物、自分にとって進みべき道など、選択に迷いがなくなのだそう。また、そのときに必要な物(ひとや進む道も含め)を適切に選び出すことが可能に。

そして「良いチョイスをしたな~」と自覚が生まれてくるとのこと。慢心して、しなくてはいけない事に対して手を抜くのはNGだけれど、好調でいられるのは「その運気を引き寄せたのは私よ」と自負してOK。

今月、身につける自信は、今後、辛い立場にたっとき、必ず役に立ちます。

コメント: 中嶋マコトさん

そんな10月、注意しなければならないことって…?

感性が鋭くなる今月は、相手の感情を読み取りやすくなるため、表に見せている顔と心のなかで考えていることとズレがあるひとも見抜いてしまうのだそう。そんな相手の感情をわかりすぎてしまうことで、うんざりして疲れてしまったり…。

20日の新月に願い事をすると◎? 今月の開運術を✔せよ

今月の特長でもある、感性が鋭くなることで、相手の感情をわかりすぎる→うんざりして疲れてしまったら…1人になれる時間を多めに作ってみるのが吉。例えば、普段はランチは誰かと一緒に、というひとは一人ランチにしてみたり、帰宅から就寝までテレビ(情報番組)を見ない、調理・手芸などの作り物に集中するなど。

さらに、その“感性”をより研ぎ澄ませるには、スピリチュアルな事柄に意識を向けること◎。
「10月20日の新月に願い事をする」「近所の氏神様に挨拶をする」「パワースポットへ行く」などがおすすめなのだとか。神々と呼ばれる存在を崇める事柄だけでなく、前述のように月など、天体の位置を意識してもOK。

「恋愛」「仕事」「将来」など、アラサー女性たちにとっては、“選択”がつきもの。九星気学によると、今月は“感性が研ぎ澄まされる”から良い選択ができそう! 感性が鋭くなることで、疲れてしまったら…九星気学にみる、今月の開運術を試してみては?

取材協力/気学鑑定士・ビューティージャーナリスト 中嶋マコトさん

text : by.S編集部

supervised by

ビューティジャーナリスト/気学鑑定士
中嶋 マコト

モデル経験を活かし、ビューティジャーナリストとして雑誌やイベントなど多方面で活躍。ビューティと気学を結びつけた開運ビューティの提案に注目を集めている。
by.Sチャンネル「九星気学でみる、今月の開運ビューティー」で火曜日(月1)配信中!

中嶋 マコトに関連する記事

undefined

Recommend

undefined