• やまとなでしこビューティー計画。

プロが現場で使っている“奥二重さん”向けメイクテク。知っているだけで「整形級ぱっちりアイ」に

2017.10.27

目もとを魅力的に輝かせたい女性は多いはず。特に奥二重さんは、アイシャドウをきれいに塗ったと思っても、まぶたのかげに隠れてしまって、なかなかしっくりとこないことも。
でも、奥二重のモデルさんや女優さんは、目が大きくて可愛く見えるのはなぜ…? それにはプロの技が隠されていた。雑誌などで大活躍中のメイクアップアーティスト本岡明浩さんに話を聞いた。

プロが現場で使っているのは、このアイシャドウ

出典: ライター撮影

M•A•C スモール アイシャドウ 
2,500円(税抜)
左:アイム イントゥ イット
右:オー マイ モカ!

出典: ライター撮影

上:アイム イントゥ イット
下:オー マイ モカ!

おすすめはM・A・C。色も豊富だし、マットの物が多いので。

コメント: 本岡さん

目もとを輝かせるには、アイシャドウ選びが一番のポイント。なるべくパール感のないマットなアイシャドウを選べば、ナチュラルなメイクが完成するのでおすすめ。

今は、赤みが入ったブラウンがトレンド。本岡さんのおすすめは M・A・C のスモール アイシャドウの「アイム イントゥ イット」と「オー マイ モカ!」。大胆で鮮やかな色合いだけど、マットな色味だから、洗練された目もとを作ることができる。

インラインはこれしか使わない。プロおすすめアイライナー

出典: ライター撮影

ファシオ パワフルステイ ジェルライナー
全2色 各1,200円(税抜)

出典: ライター撮影

本岡さんに「インラインはこれしか使わない」と言わしめる、ファシオのパワフルステイジェルライナー。にじみプループ処方だから、1日中キレイなラインを保つことができる。その上、とても柔らかなジェルタイプだから、スッと簡単にきれいなラインを描くことができる。

軽いタッチでも色がしっかりのるので、しっかり描きやすい。

コメント: 本岡さん

奥二重の目をドラマティックにするためのプロ直伝メイク

奥二重の目で気をつけたいのが、どのくらいのアイシャドウをのせるかということ。まずはまぶたに点やラインをつけてみて、目を開いたときにどのくらい見えるかを確認。その見えるラインから、少しアイシャドウが出るくらい、まぶたにシャドウをのせていく。

次はアイライン。奥二重さんは、特にインラインを黒でしっかりと入れること。そうすることで、目の印象がしっかりとする。下のラインは影的に薄めに入れるだけでOK。

外に見える目のキワ部分は、服の色に合わせたり、好みの色を使ってラインをひいてみて。ただし、にじむのを防ぎたいから、ウォタープルーフのアイライナーを使うのがおすすめ。

最後に、まつ毛は上げすぎないように軽くカールをする程度マスカラ下地を塗ると、カールが取れにくくなるので持っていると便利。マスカラを塗って仕上げて終了。

印象的な目もとを作るのが大変だと思っている奥二重さん。プロおすすめのアイテムとテクニックが、その大変さを軽減してくれるはず。コツをつかんで、いつでもどこでも素敵な目もとを自分のものに。

お問い合わせ

M•A•C スモール アイシャドウ
M•A•C (メイクアップ アート コスメティックス)
☎03-5251-3451
WWW.MACCOSMETICS.JP

ファシオ パワフルステイ ジェルライナー
コーセーコスメニエンス
☎0120-763-328
fasio.jp

取材協力/メイクアップアーティスト 本岡明浩さん

Channelバックナンバー

やまとなでしこビューティー計画。

配信日:金曜日(隔週)

「凛として芯のある、上品な女性」になる方法をレクチャー。

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

本岡 明浩に関連する記事

Recommend