• 運命を変える眉メイクlesson

“自然眉”が描けるとプロも大注目。美眉アドバイザーが薦める、優秀「リキッドアイブロウ」4選

2017.10.30

眉毛を一本ずつ書き足すように色をのせることで、自然な太眉やふさ眉を作ることができるというリキッドアイブロウ。優秀なリキッドアイブロウが各ブランドから出ているけれど、今回はあらゆるアイブロウを試してきた、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんがよく使用している4つのブランドのアイテムをご紹介。

眉のプロが選んだ“リキッドアイブロウ”BEST4はこれ

1. アイブロウ リクイッド/エレガンス

玉村さんの一番のお気に入りは、エレガンスの『アイブロウリクイッド』。適度にコシがある細いブラシで、色のりも◎。汗や皮脂にも強く、上からパウダーを重ねても落ちにくいそう。

”落ちにくい”どころか、ポイントメイク落としを使用しなかったときはクレンジング後にうっすら残ることも。この点について、エレガンスの方にうかがったところ「ティント効果はないけれど、メイク崩れしにくいように作られているので、クレンジングする時はポイントメイク落としの使用がおすすめ」とのこと。

以下は、プチプラアイテムのなかで、比較的使いやすかったものをご紹介。

2. パーフェクト アイブロウ N(リキッド&パウダー)/FASIO

使用色/ブラウン 300

リキッドとチップタイプのパウダーがセットになっているもの。

透明感のある薄づきのリキッドだから、眉に影を描いてふさっと見せるのが得意。自眉はしっかり生えているけど、ちょっと足りないとところに自然に描き足す時にも活躍しそうとのこと。

3. ビューティーガイドアイブロー N/インテグレート

チップタイプのパウダーとセットになっていて、プチプラアイテムのなかで、玉村さんがよく使っているもの。

透明感がありつつ比較的色がしっかりのるので、肌なじみがよく、悪目立ちせずに描き足せるのがお気に入りの理由。

4. リキッドアイブロウ/KATE

同じくチップタイプのパウダーとセットになっているもの。

比較的色が肌にのりやすく、しっかり描き足したいという人におすすめ。先が細く適度にコシのあるブラシなので、細いラインが描きやすいそう。

描き味、落ちにくさなど4つを一気見せ!

4アイテムの毛先は、どれもこの細さ。

ファンデーションをのせた手の甲に実際に描いてみるとこんな感じ。

エレガンス、KATEは比較的しっかりと色がつき、FASIO、インテグレートには透明感が。一番薄づきなのはFASIOという結果に。

次は、お湯で軽く擦り洗いして落ちにくさを検証。

FASIOはクレンジングしやすいけれど、他のアイテムより汗や皮脂に弱いという面も。特に汗をかきやすい、皮脂が出やすい人には、エレガンス、インテグレート、KATEのほうがおすすめ。

描きやすさや色づき具合は、人それぞれ好みもあるので、店頭のテスターをいろいろ試してみて。とはいえ、異なるブランドのアイテムを一気に比較なんて、なかなかできない。ベストのリキッドアイブロウ選びに、玉村さんのおすすめを参考にして。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

玉村 麻衣子に関連する記事

Recommend