• やまとなでしこビューティー計画。

【一重さん必見】プロ直伝・瞬間ぱっちりアイメイク。シャドウ・ラインのコツとは?

2017.11.10

キリッとしたかっこいい目、クルッとした大きな目。簡単にできればいいのにな、と思っている人もいるのでは。今回は、多くのモデルさんをメイクしているプロのメイクアップアーティストの本岡明浩さんに、一重さんの目を瞬時に変えるメイクテクを聞いてみた。

目を大きく見せたいときには、アイシャドウの塗り方に気をつけるべし

出典: イラスト/greenK

一重さんの目は、思っているよりもアイシャドウの色が見えやすい。だから、アイシャドウを一重さんがのせる時には、のせすぎないことが大切。目を大きく見せたくて、しっかりとまぶた全体にのせてしまうと、逆効果。アイシャドウをアイラインより少し太めに入れてぼかして、アイラインを入れる。ナチュラルに見せたい時には、目を開けたところから離れすぎないところまでに、アイシャドウをのせること。アイシャドウは、ナチュラルに仕上げたい時には、ブラウン系で。

一重の人は、あんまりシャドウに頼りすぎない。目を開けたところから、距離が離れすぎた所までアイシャドウが入っていると、アイシャドウに目が行っちゃう。ファッションとしてなら、OK。

コメント: 本岡さん

可愛く見せたいときの「プロのアイメイク」ポイント

出典: イラスト/greenK

目を大きく可愛く見せたいときには、ラインを入れる際、ぼかしながら真ん中を太めに描く。そうすると、黒目が大きく見えるから、可愛らしい印象に。

キリっと目もとにしたいときの「プロのアイメイク」ポイント

キリッとランウェイモデルさんのようにカッコよくしたいとき、ラインを入れる際に、目尻側を太めにぼかすと、切れ長にクールな感じに仕上げることができる。

上品な目もとにしたいときの「プロのアイメイク」ポイント

一重の人は、アイラインとマスカラで仕上げることによって、上品に印象的な目もとを作ることができる。そして、眉毛は下の部分もしっかり埋めて、眉毛と目の距離を短くすることで、目が大きく見える効果が。

一重さんの目の印象を簡単に変えることができる、プロの技。意外とシンプルだから、これからアイメイクをする時には、ぜひ取り入れてその日の気分や、ファッションに合わせて印象を変えてみて。

取材協力/メイクアップアーティスト 本岡明浩さん

Channelバックナンバー

やまとなでしこビューティー計画。

配信日:金曜日(隔週)

「凛として芯のある、上品な女性」になる方法をレクチャー。

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

本岡 明浩に関連する記事

Recommend