• 旬は短し、試せよ乙女

最新トレンド「もみじ色チーク」。大人の抜け感・血色メイクを叶える“プロ厳選アイテム”はコレ

2017.10.19

今秋も、ハッと目を引く濃い色リップの人気が継続中。でも、ただ唇に色を忍ばせるだけでは今年らしさは手に入らない。他のパーツの色使いはどうしたらいいの?

#クボメイクでもおなじみのヘア・メイクアップアーティストの久保雄司さんに、今年らしさを引き立てる、チークの色使いを教えてもらった。

今季かわいいのは、もみじ色(=ほんのりベージュオレンジ)

去年はアイシャドウがボルドーや赤茶で、リップも強めの色が流行っていました。だからカラーレスなチークで抜く感じだったけど、今年は少し違います。

今年のチークは去年と比べて色づきがしっかりしているから、目もとはナチュラルにおさまっている感じですね。目もとはナチュラルにして、リップを強めにし、チークで遊びます。

コメント: 久保さん

#クボメイク的、おすすめ「もみじ色」チークはこれ

出典: ライター撮影

久保さんが注目するのは、肌なじみの良さと血色感を両立させた、“もみじ色”=“ベージュオレンジ”。山々を彩る紅葉のように、はっとしたオレンジがすこし枯れや植物の感じとあいまった、オレンジ×ベージュの色味が、今季のバランスに合わせやすい色なんだとか。

# シャネル ジュ コントゥラスト 370 エレガンス

出典: ライター撮影

¥5,500(税抜)
[お問い合わせ先] シャネル(香水・化粧品) ☎0120-525-519

繊細なゴールドパールが肌にふわりと溶けこんで、洗練された表情に。赤みも強すぎないので、つけ方次第で、可愛くもクールにも転ばせられる。どんなメイクとも好相性。

#エレガンス エモーショナルフェイス OR202

出典: ライター撮影

¥5,500(税抜)
[お問い合わせ先] エレガンス コスメティックス お客様相談室 ☎ 0120-766-995

濁りのないクリアな発色で、血色があふれ出す赤みのあるベージュオレンジ。柔らかな粉質で、肌から浮くことなく自然にフィット。ベージュだとなじみすぎ、オレンジだと可愛すぎ、とお悩みの方におすすめ。

ベージュオレンジチークを使ったメイクレッスン

濃いめのリップ×ベージュオレンジチークの合わせなら、目もとはちょっと控えめに。

色物を使わないこともありますし、使っても単色のみ。色を使う場合は、マスカラで色を持ってきて、ラインは控えめにするなどしてバランスをとっています。

コメント: 久保さん

出典: ライター撮影

THREE アトモスフェリック ディフィニションマスカラ 01 ¥4,000(税抜)
[お問い合わせ先] THREE ☎0120-898-003

マスカラで色物をもってくるなら、THREEのカラーマスカラが優秀。黒のなかに溶け込んだひそやかなパープルが角度や光によってさりげなくあらわれ、瞳の美しさを際立たせてくれる。

ただの黒とも、主張強めのカラーマスカラとも違うから、カラーメイクが苦手な人でも使いこなせそう。

取材協力/SIX代表 久保雄司さん

Channelバックナンバー

旬は短し、試せよ乙女

配信日:木曜日(毎週)

トレンドのメイクテクや最新アイテムの取り入れ方を指南。

text : 宮田愛子

supervised by

SIX 代表
久保 雄司

雑誌やWEBなどでヘアメイクとして活動し、全国でイベントを行う。2016年に『#クボメイク』(講談社)出版、17年には東京・表参道に美容室【SIX】をOpen!
by.Sチャンネル「旬は短し、試せよ乙女 」で木曜日(毎週)配信中!

久保 雄司に関連する記事

Recommend