• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

タートルネック=顔強調・こけし問題。“フェイクボブ”ほか「小顔に見える着こなし術」を伝授

2017.11.01

秋冬コーデの主役のひとつ、タートルネックのニット。定番アイテムのはずなのに「なぜか似合わない…」と悩む女性も結構いる。だって、顔の大きさが強調されてしまうんだもの。

でも、選び方ひとつでそのお悩みは解決できるみたい。モデル級の小顔でフォロワーたちの憧れを集める、Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんが「小顔タートル」の選び方を教える。

大きく・深く、ゆるい首もと

「小顔タートル」を選ぶとき、まず注目したいのが、サイズ感。ピッタリとボディにフィットするアイテムは、首もとが締まることで「首の細さ」と「顔の大きさ」の落差を生んでしまいがち。

だから、小顔見せするには、断然ゆるめがおすすめ。特にタートル部分は、大きく、深く、ゆるめのものを選んで。首とタートル部分の間に、隙間があるくらいならなお良し。

オーソドックスなぴったりサイズのタートルもいいですが、実は、ゆるめ、大きめタートルは、今年のトレンドでもあります。ゆるめ・大きめなら、小顔もトレンドも叶うんです。

コメント: 黒石奈央子さん

固めの太リブ

さて、次にチェックするのは、リブの太さ。リブはざっくりと太めが、小顔作りには欠かせない。そして素材は、固めがいい。

おすすめの着こなし方は、太め、固めのしっかりとしたタートルで、いっそ顔を隠してしまうこと。中途半端に顔が出ているから、気になるんじゃない? しっかり隠せる素材を、見極めることからはじめてみて。

小顔になれる着こなし。“フェイク・ボブ”のつくり方を伝授

ミディアム〜ロングヘアなら、ヘア全体をタートルの中に入れるだけで、ヘアスタイリングは完成する。

顔まわりのおくれ毛を少しだけ出せば、小顔効果だけでなく、こなれ感も狙えます。

私がよくやるのは、タートルの中でヘアをゆるめに結んで“フェイク・ボブ”に見せること。いつもと違った雰囲気を楽しめると思いますよ。

コメント: 黒石奈央子さん

今まで持っていたタートルへの苦手意識が、選び方ひとつで、こんなに簡単に消えるなんて。昨日の敵は、今日の友。タートルを味方につけて、小顔ライフを手にいれましょ。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

Recommend