• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

「後ろ前逆はタブー」って誰が決めた? 飽きた手持ち服を2〜3倍着まわすテク集

2018.01.08

同じアイテムを、いつも同じように着こなすだけではつまらない! 

固定概念を捨てた幅広い着こなしアイディアの宝庫、人気パーソナルスタイリスト大日方さんのおしゃれテクを拝見。

ボウタイブラウス後ろ前逆→ハイネックブラウスに変身

これ実は、手持ちのボウタイブラウス。首もとの背中面にタックが寄っていたので、後ろ前逆に着たら、タックがフロントに来てかわいいなと思いました。

コメント: 大日方さん

間違いではなく、あえて後ろ前逆に着ることで、いつものブラウスも別人顔に。背中面のデザインに注目したアイディアは、さすが。

Vネック後ろ前逆→ボートネックに変身

相手に与える着こなしの印象は、フロントの首もとで決まるもの。どう見せたいかによって前後どちらかの表情をチョイスしてみて。

ニットも同じ。スタンダードにVネックで着るもよし、後ろ前に着てボートネック風に着るもよし。もし、後ろに着た時にタグが気になるようであれば、タグはとってしまえばOK。

ボウタイは「欲しい長さ」次第で自在にアレンジ。ギフトのラッピングリボンだって使える

長袖シャツの日、アクセントにサテンのボウタイを。長袖に対して短いボウタイを持ってくることで、メリハリが効く。また、縦のラインが入ることによって全身のバランスがキマる。

実はこれ、ジョー マローンのギフトラッピングに付いてた短いサテンリボンを使ったんだって! アレンジ上手な大日方さんは、他の服のリボンやベルトを自在に組み合わせているのだそう。

大人になってから、何事も俯瞰して観れるようになった

若い頃は「こうあるべき」「こう思ったらこう」と、一定方向の角度からしか見れなかったことも、大人になったら、何事も俯瞰して見れるようになった、と話す大日方さん。

おしゃれについても同じで、大人になってやっと、360度全方位見て、どう着たら一番そのアイテムを素敵に“魅せる”ことができるか考えられるように。

固定概念を捨ててみると、手持ちで飽きた服も新鮮に楽しめるかも。服だけじゃなくて、そんなふうに俯瞰で見る視野の広さは、大人たるもの身につけたいものね。

取材協力 Personal Stylist/大日方久美子

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 福田美和

supervised by

パーソナルスタイリスト
大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案している。
by.Sチャンネル「10年後に差がつく、品格スタイル塾」で月曜日(毎週)配信中!

大日方 久美子に関連する記事

Recommend