• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

“深みグリーン服”、5歳は老けると思ってない? ●●で攻略すれば着まわし力抜群

2017.11.13

深みのあるこっくりカラーの服はこの秋冬、大流行中。人気パーソナルスタイリストの大日方久美子さんは、その品格あるエレガンスなテイストをベースに、トレンドの引き寄せもとっても上手。

トレンドカラーの中でも、こっくりとした深みグリーンを指名することが多いんだって。使いやすい理由や着こなしの秘訣を聞いた。

メンズ感の強いグレンチェックも女らしく

この秋冬人気のグレンチェック柄。そのシックな色調の柄は、ともすればメンズ感が強く女性らしさを出しにくいことも。

品格のあるエレガンステイストに仕上げるには、深みグリーンのトップスをプラス。グリーンの知的な雰囲気がシックなチェック柄と相まって、女性らしく昇華できるんだって。

ベージュ・ネイビーは、鉄板で合う組み合わせ

グリーントップスに、デニムの中でも深いネイビーとの合わせなら、色が馴染むのでスタイルに統一感が生まれ、スッキリとしたカジュアルコーディネートが完成。

ベーシックカラーのベージュとの合わせも、品良く女性らしくまとまる。流行りに関係なく、相性の良い色合わせは知っておきたい。

老け込み回避には、濃いめリップで迎え撃ち

深みのあるこっくりカラーの、唯一の落とし穴は老け・くすみ・暗さ。それらを払拭させるには、リップメイクは欠かせない。赤やオレンジなど濃いめのリップを合わせたら一気に印象が明るくなる。淡いピンクやベージュのリップだと、服の色に負けてしまうので要注意。

トレンドカラーの深みグリーンは、秋冬の装いがグッと品良く女性らしくなるので、大人におすすめ。大日方さん流・着こなし術にならえば、ワードローブで使える効かせアイテムとして重宝しそう。

取材協力/Personal Stylist 大日方久美子

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 福田美和

Recommend