• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

コート羽織ると“毎日同じ”問題。着まわせるアウターはベーシックカラーだけじゃない

2017.11.22

冬の大問題、それは、面積の大きいコートを羽織っているせいで毎日同じ印象に見えてしまうこと

でも、毎日のコーディネートが楽しめる、着まわし力抜群のコートはある。Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんが推す、着まわしコートのポイントをチェックせよ。

アームホールゆるめの“オーバーコート”は万能

本来「上着の上に羽織る」という意味を持つオーバーコート。その通り、Tシャツや薄いニットはもちろんのこと、アームホールが広いためボリュームニットからジャケットの上にまで羽織れるので、コーディネートの幅は無限大。

デザイン性もシンプルだから、たとえばライダースにオンしても、驚くほど馴染むのでおすすめですよ。

コメント: 黒石奈央子さん

「着まわし=ベーシックカラー」だけじゃない

どんな服にも合う色、といえば黒やブラウンなどのベーシックカラー。黒いコートを選んで、暗い印象になり“いつもと同じ”に拍車をかけがちな冬コーデ。実はその考えに、勘違いがある。

ベーシックカラーばかりが合わせやすい色ではありません。くすみのある、いわゆる“ダスティカラー”こそ、コーディネートしやすい色味なんです。

コメント: 黒石奈央子さん

実は“くすみカラー”って、どんなアイテムにも合わせやすい優秀カラー。黒石さんのおすすめコーデは、ブルー×グレージュ

寒色(くすみブルー)×暖色(グレージュ)は、相性抜群。ブルーはブルーでもくすみ要素が、グレージュの中間色要素とうまくマッチしてくれる。

暖色小物をプラスするだけで、印象はガラリ。アウターの色がくすんでいるから、カラー×カラーなのに派手さがなく、洗練された大人っぽさを際立たせる。

対照的に、ピンク系ならばピンク×ピンクでコーディネートするのもアリ。

ここで注意したいのは、ピンクの色み。ベージュ寄りのコーラル系ピンクはOKだけど、青みがかったピンクはちょっと難しい。見極め力があるおしゃれ上級者にこそ試してほしい、格上コーデ。

それだけでおしゃれに見え、かつ着まわし力の効くコートがあったなんて。今年の冬は、優秀な相棒を手に入れて、毎日の冬ファッションを楽しんだ者勝ちね。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

Recommend