• 27歳からの、ビューティースポット

太もも・お尻が痩せない原因は“蓄積●●“だった。秋冬にこそ試したい撃退法を✔

2017.11.02

食事制限や運動などいろんなダイエットを試しても、太ももを筆頭に脚だけイマイチ結果が出ないというひとがいるはず。もしかすると、知らない間に潜んでいる“セルライト”が原因かも…。実は、セルライトがある状態ではどんなダイエット方法を試しても効果が出にくいのだとか。まずは、セルライトを撃退することからスタート。

セルライトとはそもそも何なのか“敵の正体”を知ってから、自宅でできるマッサージ方法をインナービューティーインストラクターの松葉子さんが伝授してくれた。

憎っくき・セルライト。なぜできてしまうの…?

心臓から遠い部分は血流が悪くなりやすくセルライトもできやすい。だから、太ももやお尻につきやすいんですよね。

コメント: 松葉子さん

セルライトができやすくなるのは、冷えや運動不足、食べ過ぎ、ホルモンバランスの乱れなどによって皮下組織の脂肪細胞が大きくなって、まわりの血管やリンパ管を圧迫し、老廃物が流れないことが主な原因。つまり「老廃物や余分な水分と脂肪細胞がくっついて肥大化した脂肪」これがセルライト。

肥大化した脂肪はさらに血管を圧迫してさらに代謝が悪くなり、冷えや血行不良につながるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

コメント: 松葉子さん

肥大化した脂肪=セルライト同士がくっつくと、太ももなどのお肉をねじったときに凸凹がわかるくらいに表面化してしまうのだとか。

そこで、松さん直伝のセルフマッサージでセルライトにしっかりアプローチ!

まずは、セルライトができにくい体づくりをはじめるべし

たとえセルライトを一時的に落とせたとしても、いまと同じ生活習慣ではセルライトが再びできてしまう可能性大。だからこそ、セルライトができにくい生活習慣にチェンジしていくことが大切!

大きく変えたいのは2つの習慣。
1つ目はランニング・ウォーキングなど有酸素運動をして血流をよくしておくこと。
2つ目は湯船にしっかりとつかること。ぬるめのお湯に15分はつかるのがベスト。

いきなり運動をしようとするとすぐにイヤになってしまうので、まずは一駅前で降りて早歩きで歩いてみるなど、簡単に続けられそうなところからはじめてみてください。

コメント: 松葉子さん

脱凸凹ボディ! プロが薦める・セルライトマッサージ

セルライトが気になる部分には、松さんおすすめのマッサージを毎日行ってあげるのが吉。オイルなどを塗ってすべりをよくすると肌への負担も少なくて◎。

①気になるところ部分の筋肉に力を入れてキュッとする(筋肉を使っている状態に)。

②手をグーにして、デコボコができる部分の皮膚を強めに縦・横・ななめに流す。

③次に、足裏から太ももまで流す。

④リンパの流れに沿って膝から太ももの付け根に向かって流し、最後はそけい部(太もも付け根の内側にある溝)に向かって流す。

コロコロローラーなど、マッサージ器具を使って足から太ももに向かって流すのもおすすめです。

コメント: 松葉子さん

セルライトは一度できてしまうと落ちにくいものなので、生活習慣や根気強く毎日ケアすることが大切ですよ。

コメント: 松葉子さん

これからますます寒くなってきて、体が冷えやすくなるシーズン…。下半身太りに悩むひとはとくに、セルライトをできにくくする生活習慣や、根気強くマッサージして流してあげて、セルライトと決別するのが◎。秋冬の間のケアで、美脚を育てましょ。

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子さん

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

Recommend