• アラサー美容、救命作戦

【一重さん向け】デカ目メイクはシャドウだけじゃない。プロいわく、“眉毛の距離”にあり

2017.11.08

女性はみな、目を大きくしたいと思っているもの。特に、目が小さく見えてしまう一重さんは、いかに目を大きくみせるかを試行錯誤しているはず。そんな人へ、「一重にコンプレックスがあってもメイクで変われます!」と豪語するのがプロの美容家・石井美保さん。目力があって華やかな印象へ、メイクでチェンジさせよう。

プロが選んだ、一重さん向けの“神眉メイクセット”はこれ

出典: ライター撮影

エレガンス アイブロウリクイッド BR21 ¥3,000(税抜)
[問い合わせ]エレガンス コスメティックス0120-766-995

極めて淡く艶っぽい発色と繊細な極細ラインで、眉毛一本一本をリアルに描け、ナチュラルな仕上がりを実現。眉毛と眉毛の隙間や、眉毛が生えていない場所にも滑らかに描けて、長時間にじまず消えない美しい仕上がりを持続させる。


マキアージュ アイブロースタイリング 3D (レフィル)¥1,800(税抜・編集部調べ)
マキアージュ アイカラー&アイブロー用ケース ¥700(税抜・編集部調べ)
[問い合わせ]資生堂0120-81-4710

立体ファイバー、印象チェンジカラー、彫深パウダー、眉尻スッキリパウダーの4質感のパウダーを使用することで、どんな眉も印象自在にチェンジ。眉の書き方をアシストするガイドシートと、両端ブラシ付き。

まずは一重さん、“濃い色シャドウでぼかす”アイメイクから卒業

一重のメイクテクとして、よく言われるグレーやブラウンなど濃い色のシャドウでぼかしたり、アイラインを強調させるのは、余計目もとが小さく見えたり、キツい印象になりがち。無理に定説・定番通りにしなくても大丈夫。

簡単、整形級。一重さん用ぱっちりアイメイクのコツは眉毛にあり

目と眉毛の間隔が広いと、目もとが小さく見えてしまう危険性が高め。眉との距離を縮めることで、目もとにより目力をアップさせることができるんだとか。目もとと眉の黄金バランスは、目を開いたときの目の縦幅と目と眉との間隔が1:1になっているのがベスト。

出典: ライター撮影

エレガンスのアイブロウリクイッドで1本1本、毛を書き足すように気になるところを描いていく。仕上げに、マキアージュのアイブロースタイリング3Dの一番右側の立体ファイバーをブラシで絡めとって、のせるようにして完成。薄くまばらな眉や毛量をアップしたい部分に、ふんわりとのせれば、自然で立体的な眉に。

一重をぱっちり大きく見せるテクは、意外にも眉が重要なポイントに。石井美保流の一重メイクを味方につけて、コンプレックスに打ち勝とう。

取材協力/美容家 石井美保さん

Channelバックナンバー

アラサー美容、救命作戦

配信日:水曜日(隔週)

悩み多きアラサーの美容トラブルをお助けする方法やおすすめアイテムを紹介

text : MIHO.S

Recommend