• 色気スイッチを押すトキ。

厚着して、うるさい&こダサいコーデになってない? プロが教える"重ね着"ルール

2017.11.17

夏と違い、厚着をしなければならない冬。トップス、ボトムス、さらにアウター、巻き物など必然的に身にまとうアイテムも増える季節。何も考えずに寒いからとただ洋服を着ているとなんだかこダサいコーデになっている可能性が…。

コーディネートのプロ、スタイリストのスド=キョ=コさんによると、簡単にできて、ポイントだけ押さえれば必ずこなれたコーデが完成する、鉄板ルールがあるんだとか。

足し算コーデから、“引き算コーデ“にシフトせよ

冬っていろいろ着重ねなければいけないから、あれもこれもでうるさくなりがち。厚手の服が増えるので、さらに着太りする危険大。足し算ばかりのコーデでは、もっさりとこダサいスタイルになってしまっているかも。

冬だけど、思い切って引き算するコーデにトライすると、一気にあか抜けます。普段から私が提案している、簡単にこなれ感の出る、鉄板テクニックをご紹介します。

コメント: スド=キョ=コさん

コーデの色はMAX3色までにするべし

コーデの色合わせの鉄則:1コーデに3色までを守る!

なんなら2色でもいいくらい。4色以上はうるさいコーデになってしまう。また、柄ものはそれだけでうるさいので、それに新たな色を合わせるともっとうるさくなっちゃう。必ず柄の中に入っている色を使ってコーデしてみて。

コメント: スド=キョ=コさん

例えば、今年トレンドのチェック柄はたくさんの色が入っているけれど、その中にない色のアイテムを投入してしまうと、ガチャガチャとまとまりのないコーデになってしまう。必ずチェック柄に入っている色を使ってコーデするのが鉄則。

トレンドアイテムは1つに絞るべし

コーデの組み立ての鉄則:コーデに入れるトレンドは1つに決める!

合わせるテイストがまとまりなく、あれもこれもコーデは20代で終わり。大人の女性は今日のポイントアイテムとしてトレンドを1つ決めたらあとはベーシックでまとめるべき。

コメント: スド=キョ=コさん

流行りもの×流行りもの×流行りもの…。全部を流行りもので固めると主張がつよくてうるささの原因になってしまう可能性大。トレンド×ベーシックにすれば、すっきり大人っぽく見える。トゥーマッチ感がこダサいにつながり、さらにがんばりすぎてる感が痛い大人女子に見えてしまう。

上記の鉄則を守れば、誰でも簡単、即キレイにすっきりまとまるコーデを作ることが可能。好きなものだけを好きなだけ詰め込んだようなコーデは若い子だけのもの。オトナ女子たるもの賢く計算されたコーデを目指すべき。今日から即実践してみて。

取材協力 stylist/スド=キョ=コ

Channelバックナンバー

色気スイッチを押すトキ。

配信日:金曜日(隔週)

大人の特権・色気をかもすひとときに、携えていたいアイテム。

text : 森田文菜

supervised by

スタイリスト/スタイルディレクター
スド=キョ=コ

女優、タレント、アーティストを中心にジャンルを超えたスタイリング、衣装デザインを得意とし、店舗ディスプレイ、空間コーディネートも手掛けるマルチスタイリスト。
by.Sチャンネル「色気スイッチを押すトキ。」で金曜日(隔週)配信中!

スド=キョ=コに関連する記事

Recommend