• 運命を変える眉メイクlesson

「眉だけ浮いてる」と思われてるかも…。本当に似合う“眉の太さ”は●●で決まる

2017.11.20

もっともメイクが難しいパーツと言われるのが、眉。なかでも、自分に似合う“眉の太さ”がわからずに、迷走している人も多いのでは? 
実は眉メイクにおける一番のポイントは、目をはじめとする他のパーツとのバランス。今回は、目の印象に合わせた眉の太さの決め方を、美眉アドバイサーの玉村麻衣子さんに教えてもらった。

眉の太さは“目とのバランス”で決めるのが鉄則

目と眉は近い位置にあるため、お互いに影響を与え合うんだそう。顔全体のバランスをよく見せるためには、“目と眉の関係性”を意識することが大切。

目ばかりが主張しすぎると顔全体のバランスが悪く見え、眉ばかりが主張しすぎても
違和感が生まれてしまいます。目の大きさによって、眉の太さも変えていくことがポイントです。

コメント: 玉村麻衣子さん

パッチリ目さんには“太め眉”がおすすめ

パッチリと大きな目のひと、アイメイクをしっかりしているひとにおすすめなのは、
ある程度太さをキープした眉。眉を細くしすぎると目ばかりが強調されて、不自然な印象になってしまうそう。
バランスよく仕上げるためには、目の縦幅の2/3程度の太さを目安にしてみて。

切れ長目さんには“細め眉”がおすすめ

切れ長で涼し気な目元のひとにおすすめなのは、やや細めの眉。太眉にしてしまうと、目元よりも眉の印象が強くなりすぎてしまうかも。
バランスよく仕上げるためには、目の縦幅の1/2程度の太さを目安にしてみて。

とはいえ、目の縦幅の半分…となると、不自然なほど眉が細くなってしまう場合も。そんなときは、眉頭にやや太さを持たせ、眉中~眉尻を細めにするとバランスよく仕上がるんだそう。

眉全体を太くすると、眉ばかりが目立って不自然になりがちだけれど、眉中~眉尻にかけてを細めにすれば、スッキリ見せることができるそう。
眉や目の雰囲気によって人それぞれ変わるけれど、眉頭の太さに迷ったときは、0.6~0.8ミリ程度にしてみるのがおすすめ。

いかがでしたか? 眉メイクのときは、“眉単体”だけを見て描こうとするのはNG。眉の太さは、目を参考にして決めると顔全体のバランスがとれるので、ぜひ参考にしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

玉村 麻衣子に関連する記事

Recommend