• 運命を変える眉メイクlesson

眉毛メイクで憧れの小顔に。プロが教える“顔の余白”を減らすテクを攻略せよ

2017.11.27

「小顔になりたい」、それは女性なら誰しもが願うこと。実はその願い、メイクで叶えることができるって知ってた? 
立体的な小顔に見せるための秘密は、ベースメイク眉毛メイクに隠されているんだって。メイクのプロ、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんにその秘密をこっそり教えてもらった。

“顔デカ”に見える原因は、「顔の余白」だった

顔が大きく見えたり、太って見えたりしてしまう原因はずばり、"顔の余白"。玉村さんいわく、余白を減らすことを意識さえすれば、メイクで充分小顔に見せることができるそう。以下の3つのポイントに気をつけてみて。

ポイント1:ファンデーションは顔の中心にのみ塗る

「ベースメイク=全顔に塗るもの」と思っている人も多いけれど、実はファンデーションは顔の中心のみに乗せ、髪の生え際やフェイスラインにはあえて“塗らない”のが小顔メイクのおすすめなんだそう。

生え際を避けることで、輪郭の周辺が自然と影になり、シェーディング効果が得られます。また、顔側面に奥行きが生まれ、顔を立体的に見せることができます。

コメント: 玉村麻衣子さん

ポイント2:眉を長めに描く

眉は長めに描くのが小顔メイクの鉄則なんだそう。目元と生え際の間の余白が減り、
小顔に見せることができるんだって。
眉の長さの目安は、小鼻と目尻を結んだラインの延長線上。

逆に眉を短く描くと、顔の余白が広く見えてしまう原因に。目尻の真上よりも短くならないように気をつけてみて。

ポイント3:眉山~眉尻を、ななめに下げるように描く

顔を立体的に見せたいときは、眉山をしっかりつくり、眉山~眉尻をななめに下げるように描いてみて。こうすることで、顔に奥行きが生まれて、立体的な小顔に見せることができるんだとか。

この3つのポイントを意識するだけで、顔の余白が少なくなり、憧れの“小顔美人”に大変身。「顔の大きさなんて、生まれつきだから…」と悩んでいたひとには朗報。“顔デカ”コンプレックスを解消したいなら、今すぐ試してみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

玉村 麻衣子に関連する記事

Recommend