• アラサー美容、救命作戦

【一重さん向け】プロの秘策は偽・涙袋アイライン。がんばるべきは上より“下まぶた”

2017.11.22

アイラインは、上だけにひくものって思ってない? 実は、目を大きく見せたい一重さんにおすすめしたいのが、「下まぶた」にひくアイラインテクニック。女性から絶大な支持を得る人気美容家の石井美保さんに、ぱっちりアイになれるアイラインの引きかたとおすすめのアイテムを聞いた。

一重さんは、上まぶたではなく“下まぶた”で勝負せよ

一重さんは、二重幅にアイシャドウを入れるなどができないので、既存のメイクのハウツーを一度忘れよう。アイシャドウのグラデーションで大きく見せたり奥行を見せたりするのが、よく紹介されている技だけど、一重さんだとどうしても縦に詰まっている感じに見えてしまうもの。

だからこそ、上まぶたは真正面の顔で勝負するのではなく、伏し目になったときや、横顔の綺麗さを追求してみて。例えば、カラーライナーを仕込んで、目を開いているときは見えないけど、ふし目にしたら色が見えるくらいでさりげない色っぽさをプラスしたり、透明感のある色のないキラキラアイシャドウを塗ったり

そして、頑張るべきは、上まぶたではなく下まぶた

目の縦幅は、下まぶたに偽装の涙袋でつくる

上まぶたには、一重・奥二重・二重などあるけれど、下のまぶたは大体みな一緒。上まぶたでコンプレックスがある人は下まぶたで縦幅を出すことで、目が大きく見える効果が。年をとると頬の下が広くなっていくので、下まぶたで詰まって見せることで、若く見えたり小顔効果もあるんだとか。

出典: ライター撮影

縦幅は、下まぶたに偽装の涙袋をいれることで実現。上のまぶたに立体感がない分、下に立体感をだすと目が魅力的になる。基本「肌色からワントーン濃い色」「肌色からワントーン明るいハイライト」の2色使い。外側に濃い色、粘膜に近い内側にハイライトでツヤ感のあるものの2色入れてあげると疑似の涙袋が完成。

ハイライトは、汗に負けないリキッドタイプキラキラ感があるものを選ぶのがおすすめ。外側はクレヨンやパウダータイプを選んでみて。

プロおすすめ、下まぶたの立体涙袋を作るアイライナー

上記の目が大きく見える涙袋メイクを叶えたのはこのアイライナーたち。
・外側「肌色からワントーン濃い色」:バーバリー
・内側「肌色からワントーン明るいハイライト」:CANMAKE

出典: ライター撮影

バーバリー アイカラー コントゥア 102 ¥3,400(税抜)
[問い合わせ]バーバリー 化粧品お問い合わせ窓口
0120-77-1141
目元に立体感や奥行きを簡単に作れるペンシル型のアイカラー。目のカーブにフィットするドーム型の先端で、クリーミーでなめらかなテクスチャーが自然な陰影を演出。

CANMAKE ライティング リキッドアイズ 01 ¥600(税抜)
[問い合わせ]井田ラボラトリーズ
0120-44-1184
目元美容液を含んだリキッドタイプの涙袋メイクコスメ。透明感のある繊細なパールが光を集めて立体感をアップ。

出典: ライター撮影

上まぶたばかりに気をとられてアイシャドウを塗り重ねていたあなた。これから下まぶたメイクにシフトして、ぱっちりアイを手に入れよう。

取材協力/美容家 石井美保さん

Channelバックナンバー

アラサー美容、救命作戦

配信日:水曜日(隔週)

悩み多きアラサーの美容トラブルをお助けする方法やおすすめアイテムを紹介

text : MIHO.S

Recommend