• 女の魅力は、髪からはじまる

コテ・カラーリング・ドライヤーが原因に…? 修復困難「ポーラス毛」にご注意を

2017.12.26

毎日のコテやドライヤーにくわえ、月1~2回程度のカラーリングと、アラサー女性は“髪のおしゃれ”がつきないもの。ましてやプリンヘアなんて許される年頃ではないから、頻繁に美容院へ行って“おしゃれ”を施しているはず。

それが悪影響を及ぼしているかも…と心配するのは毛髪診断士の美香さん。繰り返しダメージをあたえてしまったら…。

︎厄介者のポーラス毛…髪を切りたくないときのプロの対応とは

切れる寸前に近いほど脆く傷んでしまっている髪を、ポーラス毛といいます。
髪の内側がスカスカで栄養素がなく、水分量の流出も多くバサついている状態です。

コメント: 美香さん

このポーラス毛、完璧に戻すのは正直難しいです。しかし改善策や、なりにくくするための予防なら簡単な方法があります。

コメント: 美香さん

いまからできることがあるなら、実践しておきたいところ。
ポーラス毛と無縁な美香さんの、その美しい髪にはどんな秘訣がつまっているの…!?

おすすめのホームケアを3つレクチャーしてもらった。

その1:王道だけれど必須。美容室でのトリートメントケア

自宅ではシャンプー後・アフターバスの日頃はもちろん、美容室ではカラーやパーマ施術時にトリートメントもお願いすること。

髪にも栄養素を入れてあげましょう。また、週に1度の頭皮ケアをすると、トリートメントの相乗効果も発揮します。美容室で定期的にチェック&ヘッドスパ、マッサージをお願いすると、なおいいでしょう。

コメント: 美香さん

その2:オイルケアは乾かす前に。うるおいを逃さない

ドライヤー前のオイルケアは髪の適材適所に入れ込むこと。特に毛先にしっかりと。
ドライヤーの熱のダメージからコーティングするように、乾かす前にオイルを入れ込むことがポイント。

オイルを入れることで水分の蒸発を防ぐことができ、しなやか髪に。

その3:髪の栄養素を摂取。食事+サプリメントで

アラサー女性は綺麗になるためにダイエットを頑張っているひとが多いけど、それによってうるおいの少ない女になってしまっているかも。

いまの20代後半の女性は見た目をきれいにしていても、酷なダイエットの影響で栄養素が足りていないひとが増えています。とくに、たんぱく質・亜鉛・鉄分は三大髪養分です。

コメント: 美香さん

そのほかにも、アミノ酸・ビタミン類も内面からアプローチしていくべき栄養素。髪は爪と同じように、皮膚の角質から変化したものだから、皮膚にいいものを積極的に摂取すること。

サプリメント依存はNGだけれど、食事でまかないきれないものは頼ってもOK。

なかなか修復しづらい「ポーラス毛」は、なってしまう前に、頭皮からの見直しと毛先のケア。そして内面からの栄養補給を。まずはお家でできることからはじめてみて!
日々の積み重ねで変わるのは、お肌も髪も同じだから。

取材協力/AMATAサロンオーナー・毛髪診断士 美香さん

Channelバックナンバー

女の魅力は、髪からはじまる

配信日:火曜日(隔週)

毛髪診断士に聞く、ヘアケア方法やおすすめアイテムをご紹介。

text : 上村菜穂

Recommend