彼は興ざめしてるかも。顔の「あの部分」が乾いていると、8.5歳老けて見えるって本当?

PR:資生堂薬品株式会社

彼との距離が近づく季節。ロマンティックな雰囲気にうっとり…しているのは、実はあなただけかも? 世の男性たちが言いたくても言えなかった「本音」が、ある調査で明らかになりました。

68%の男性が「指摘しづらい」、女性のあの部分

出典: Milos Vucicevic/Shutterstock.com

資生堂薬品株式会社が、恋人がいる20〜30代の男女500名を対象に調査したところ、冬に恋人といて気づいたこと1位は、あれやひびわれなど「唇のトラブル」。「少し老けて見える」(81%)「キスしたくない」(58%)といったネガティブなイメージを持つ男性がなんと、約6割もいたのです。

手指や肌よりも注目されているなんて、驚きですよね。

出典: GeniusKp/Shutterstock.com

さらに、68%の男性は唇のトラブルを「指摘しづらい」と回答。なにも言わない彼が「キスしたくない」と思っていたとすると、ショックですよね。さらに、トラブルがない状態の唇と比べて、カサつきや唇あれなどトラブルのある唇のほうが「+8.5歳老けて見える」と衝撃のデータも。

さっそくケアしなきゃ! と思ったあなたは、まずリップクリームを見直してみて。

「+8.5歳」に見せない唇ケアは、リップクリーム選びが大切

実は、91%の女性が「リップクリーム」でリップケアしていながら、その満足度は「61.7点」という低めの結果。

満足のいくリップケアをしたいなら、一時的に潤わせるのではなく、治療効果が期待できる医薬品リップクリームを使ってみて。『モアリップN』は、第3類医薬品に指定されている口唇炎・口角炎の治療薬。

出典: Africa Studio/Shutterstock.com

あれた唇の修復を促す「アラントイン」、唇の炎症を抑える「グリチルレチン酸」、新陳代謝を促す「ビタミンE」、皮膚・粘膜の健康を維持する「ビタミンB6」「パンテノール」という5つの成分が、本気で唇のあれを治したいあなたをサポート。

そのまま塗れるチューブタイプを採用し、のびがよくなめらかな使用感です。

より美しい唇のために。インナーケアもあわせてスタート

唇だけうるおって他がカサカサ…では、せっかくの魅力も半減。スキンケアだけでは乾燥しがちな口周りには、インナーケアも重要です。

『ザ・コラーゲン コラーゲン高美活パウダーV増量』は、身体の内側からきれいを生み出す特許処方。ヒアルロン酸、セラミド、ビタミンCなど美容サポート成分も配合しています。お得な大容量も発売中で、イベントシーズンにおすすめ。

冬の乾燥ケアは「なんとなく選んだもの」では追いつかないもの。彼に幻滅されないように、本気のケアを始めてみてはいかが?

Sponsored by 資生堂薬品株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。