• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

プチプラで買い足したそのニット…安見えしてるかも。目利きのコツ&高見えテクを伝授

2017.12.13

もう年末。と言えば、そうセール! それまで躊躇していたニット類を、プチプラならばこれでもかと買い足す時期じゃない?

だけど、その買い方、ちょっと待って。いくらプチプラだからって、あまりにも安見えしちゃうアイテムは、大人女性的にナシかも。Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんが、プロの目から見た安見え&高見えの条件を教えてくれた。

ハイゲージ編みのニットは“肉厚素材”を選ぶべし

どのブランドでも必ず取り扱っている、コーデに取り入れやすいイゲージ編みのニット。実はプチプラで失敗しがちなアイテムなのだとか。

プチプラでよく見られるような、薄い素材のハイゲージ編みのニットは、着るとスカスカな印象が際立ってしまいがち。安っぽく見られる可能性大なんです。

ケーブル編みで重要なのは凹凸感なんですよね。薄手のアイテムは凹凸感がなく、ヘロっと見えませんか?

コメント: 黒石奈央子さん

その点、プチプラでも厚手素材のハイゲージ編みニットを選べば、安見えの心配は無用。でも、プチプラでも薄手素材と相性のよい編み方もある。

また、リブの太いニットならば、薄くても安見えは軽減する。

ハイゲージは肉厚!」「リブ太めは薄手でもOK!」これ、覚えておいて損はなし。

素材表示を見て、アクリル100%は避けるべし

アクリル100%のニットは、使用感が出てしまいがち。購入直後なら問題はないけれど、2〜3回着たあとのそのニット、よく見てみて。毛玉ができやすく、あっという間に安見えニットの完成…。

アクリル100%でも問題のないアイテムはあるけれど、プチプラのアクリル100%は選ばない方が無難かも。

安見えニットを高見えチェンジする、3つのテクニックとは

安見えニットを購入したとしても、解決方法はあるから諦めないで。まず、薄手素材ハイゲージ編みニットを高見えチェンジする方法が、レイヤード

シャツやタートルネックをインして、肉厚感を演出。1枚で着たときの薄いヘロッと感がフォローきたでしょう?

または、ボトムスを主役にして、ニットはインナー化させるというテクニックもアリ。

上半身が安見えしてしまうならば、他のアイテムでバランスを取ることが大切。

バランスを取るアイテムは、ボトムスだけじゃなく小物でも有効。

目立つハイブランドのバッグをたった1点オンするだけで、安見えニットをカバーできるはず。

これさえ覚えておけば、もうプチプラニットの安見えは怖くない。さあ、ショッピングへ繰り出そう!

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

黒石 奈央子に関連する記事

Recommend